無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

眠気
電話をかける。
電話は繋がらない。
電話台の前に立っている。
電話はまだ繋がらない。
リビングにある、電話台の前に立ち尽くした自分がいる。
電話は繋がらないままだ。

自分の部屋に戻る。
部屋の窓から見える外は、薄暗い。

眠い目を擦る。
ベッドに入って寝た。