無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

夜空で可愛い子が居たよ(童磨視点)
童磨視点
童磨
童磨
夜空で散歩も時々は良いかも!
俺は外に出た
童磨
童磨
歌でも歌うか!
〜♪〜♪
???
貴方誰?
童磨
童磨
ん?嗚呼俺は童磨だよ?宜しくね!(この子誰だろ?)
愛座
愛座
うん!私は愛座!
童磨
童磨
月が綺麗だぜ?喜ばないのかい?(三日月だけど)
愛座
愛座
真ん丸のお月様が好きなの!
童磨
童磨
へ〜(愛座ちゃんって猗窩座殿の妹かな?)


日が出るから帰るね!って言ったら
童磨!また来てね!って言われた
そして無限城に帰った
童磨
童磨
猗窩座殿!猗窩座殿!
猗窩座
何だよ
童磨
童磨
夜に散歩に出かけたのそしたらね!可愛い女の子が居てさ!アレかな一目惚れかな?胸らへんが痛いんだよね
猗窩座
嗚呼 そうかよ
童磨
童磨
え?反応が薄いよ?!
無限城に帰って猗窩座殿に話したら反応薄かった!
童磨
童磨
(•́ з•̀)モォ-
猗窩座
(´Д`)ハァ…で?
童磨
童磨
それくらいだよ?猗窩座殿は何かないの?
猗窩座
あー、そ言えば昨日の夜は楽しかったな
童磨
童磨
何があったの?!
猗窩座
教えるか バーカ!
童磨
童磨
(´・ω・`)そんな〜
次回鬼について!