無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第7話

6話
桜木瑠衣
じゃあ今日からおばさんいないのか
鈴白あなた
そうなんだよー
桜木瑠衣
大丈夫か?
鈴白あなた
何とか…
今日朝早くお母さんは海外に行った
家出る前のお母さんは悲しそうだったけど明るかった
お母さんらしいな
三ノ宮 美鈴
あなた〜
鈴白あなた
ん?
三ノ宮 美鈴
今日お昼食堂行かない?
鈴白あなた
いいよー
三ノ宮 美鈴
瑠衣も
桜木瑠衣
俺弁当持ってきたんだけど
三ノ宮 美鈴
んーなら二人で行こっか!ギュー
鈴白あなた
美鈴…苦しい
桜木瑠衣
ムッ
三ノ宮 美鈴
やっぱり瑠衣は…
鈴白あなた
美鈴…?
三ノ宮 美鈴
あ!ごめんw可愛いからつい
鈴白あなた
可愛くないのに…
三ノ宮 美鈴
瑠衣も可愛いと思うよねー?
桜木瑠衣
うぇ?
三ノ宮 美鈴
何その声w
桜木瑠衣
急に聞かれたらびっくりするだろ
三ノ宮 美鈴
びっくりしてもそんな声は出ないよww
桜木瑠衣
出る出ないじゃなくて出たんだよ!
鈴白あなた
2人とも仲良いねぇ
桜木瑠衣
あなたとも仲良いけどな
鈴白あなた
それはいとこだからでしょ?
三ノ宮 美鈴
2人はいとこだったねぇ
三ノ宮 美鈴
忘れてたw
鈴白あなた
忘れないでー
三ノ宮 美鈴
もう二度と忘れないよ
鈴白あなた
あ、ありがと?
三ノ宮 美鈴
で、どうするの?瑠衣
桜木瑠衣
いいよ、1人で食べる
鈴白あなた
え…
桜木瑠衣
その代わり早く戻ってこいよ笑
鈴白あなた
あ、うん
なんか変…
2人ともなんかあったのかな
鈴白あなた
大丈夫、、、だよね
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈☽︎‪︎.*·̩͙‬