無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

自己紹介
鈴白あなた
鈴白あなた
共感覚の持ち主
声に味を感じるためヘッドホンをいつもつけている
学校では結構モテる(人気者)
瑠衣はいとこ、美鈴は幼なじみ
瑠衣だけには共感覚のことを教えている
桜木瑠衣
桜木瑠衣
あなたが共感覚の持ち主ってことを知っているためあなたに負担がかからないように努力してる
元気すぎてテンションがおかしい時が結構ある
すずはいとこ、美鈴は幼なじみ
三ノ宮 美鈴
三ノ宮美鈴
ふたりとは幼なじみで共感覚のことは知らない
大人っぽくて優しい
あなたが何かを隠してることに気づいているけど本人から言ってくれるのを待っている
すとぷりの自己紹介は省かせていただきます!
作者
共感覚の説明をします
作者
共感覚とは1つのことにふたつの感覚があるということです
作者
まぁ例として『声に味を感じる』
作者
声を聴く(聴覚)
味を感じる(味覚)
作者
ふたつの感覚ですよね?
作者
これが共感覚です
作者
最後に、誰がメインがいいですか?
作者
もちろんすとぷりで
作者
コメントがなければ私が勝手に決めます