無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

2トップと仲良くなっちゃった。
(なまえ)
あなた
か、か、か、可愛くないですよ!/////((こんなイケメンさんに可愛いとか言われてどうすんの!))
三橋 貴志
三橋 貴志
可愛いぞよ
(なまえ)
あなた
三橋 貴志
三橋 貴志
だから、下ろしたくないの、納得した?
(なまえ)
あなた
いや…
なんて話してたら学校に到着
伊藤 真司
伊藤 真司
入学式始まってるね…
三橋 貴志
三橋 貴志
途中から入るのも目立つけど、あなたどうする?
(なまえ)
あなた
え〜…とりあえず下ろしましょうか
三橋 貴志
三橋 貴志
やぁだ
(なまえ)
あなた
学校ついたのに!
伊藤 真司
伊藤 真司
三橋そろそろ下ろせば?笑
((羨ましいから…ごめん三橋…))
三橋 貴志
三橋 貴志
しゃーねぇなぁ
(あなたを下ろす)
三橋 貴志
三橋 貴志
あ、サボる?
(なまえ)
あなた
え?
三橋 貴志
三橋 貴志
屋上かどっかいてて入学式終わったぐらいに教室行って「遅れました!」ってなんか理由にすれば?例えばペットが逃げたとか、笑
伊藤 真司
伊藤 真司
いやどんな理由だよ笑
(なまえ)
あなた
いいかも…( ˙꒳​˙ )フムフム…
伊藤 真司
伊藤 真司
え、でもそれでも目立たない?
(なまえ)
あなた
まぁ、入学式っていうものすごい人数の中よりはいいですよね
三橋 貴志
三橋 貴志
そうだよな笑お前は分かりが早い!ってか、なんでお前ずっとマスクしてんの?
🐥
🐥
失礼します)_ _)ペコリ
あなたちゃんが暮らしていた元の世界はコロナ大流行中です!
失礼しました)_ _)ペコリ
(なまえ)
あなた
え、だってコロ…じゃなかったえっと自分の顔に自信がなくて…((あっぶな!コロナって言うとこだった!でもここは80年代だからマスクしなくてもいいのか!めちゃ最強やん))
あなたがマスクを外すと
伊藤 真司
伊藤 真司
((か、可愛い…))
三橋 貴志
三橋 貴志
((やっば…予想より可愛い…))
お、屋上行くぞ
(なまえ)
あなた
え、あ、はい…
((やっぱり私の顔おかしいよね…マスク外すんじゃなかった…))
屋上
伊藤 真司
伊藤 真司
そういえばあなたちゃんはどこの中学から来たの?
(なまえ)
あなた
え、えっと…
((え、これなんて言えばいいの…言ったって「それどこ?」ってなるだけじゃん…どうしよ…))
三橋 貴志
三橋 貴志
(なまえ)
あなた
((そうだ、引っ越してきたって言おう))
あ、えっとえっと、あのー、九州!から、あのうん、あの引っ越して来たんです!
伊藤 真司
伊藤 真司
へぇ
(なまえ)
あなた
((あっぶな…))
(なまえ)
あなた
あのぉ…
三橋&伊藤
三橋&伊藤
ん?
(なまえ)
あなた
私、こんな、学校のトップ2人?でしたよね、こんなおふたりと一緒にいていいんでしょうか…
三橋 貴志
三橋 貴志
逆になんでダメって思うのかなあなた様笑
(なまえ)
あなた
さ、さ、さ、様なんて!(首振る)
三橋 貴志
三橋 貴志
冗談冗談笑
俺がこんな1年ぼう様呼びすんわけねぇだろ笑
(なまえ)
あなた
ですよね笑…
それから少しの間お話した
(なまえ)
あなた
((少しは仲良くなれたかな…))