無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

983
2022/01/24

第172話

*🏥🧸*
*紫耀side*




あれ?

もしかして居ない?

買い物か?

いや、それともボランティアで病院?!



『ただいま 』って家に入れば
駆け寄って来ると思ってたんだけどなぁ


やっぱ連絡すればよかったか?





居ないなら迎えに行ってあげよって思い
とりあえずリビングに荷物を置こうと向かうと






















平野紫耀
平野紫耀
あ…居た‪w‪w‪w
ソファーに横になり、俺の車の中に置いてあったブラケットを抱き締めて眠っていた
(なまえ)
あなた
…zzZ
平野紫耀
平野紫耀
眠り姫だな




俺はそのまま荷物を置いて、側に寄り眠っているあなたの髪を撫でて、眠り姫にキスをした
(なまえ)
あなた
( Ꙭ)はッ
平野紫耀
平野紫耀
おぉ、さすが…愛する人のキスで
起きるって本当だな‪w
(なまえ)
あなた
え…え?
紫耀…??
平野紫耀
平野紫耀
はい、紫耀です‪w
(なまえ)
あなた
夢?
平野紫耀
平野紫耀
ぢゃあ~、夢かどうか確認してみようか







まだ寝ぼけて居るあなたを起こして座らせ


あなたに向かい俺も座ったまま腕を広げた




平野紫耀
平野紫耀
あなた??
(なまえ)
あなた
…
平野紫耀
平野紫耀
あなた、おいで??


腕を広げ待ってると、勢いよく腕に飛び込んで来て、バランスを崩しそのまま後ろへひっくり返った
平野紫耀
平野紫耀
痛てぇ~‪w
(なまえ)
あなた
あ、ごめんなさい
平野紫耀
平野紫耀
けど、夢ぢゃないだろ?!
(なまえ)
あなた
うん。







このままでいいやって思いそのまま抱きしめると
(なまえ)
あなた
おかえり…紫耀
平野紫耀
平野紫耀
ただいま