無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

981
2022/01/18

第167話

*🏥🧸*

*あなたside*


昨日寝室で横になってたら
スマホが鳴り、紫耀かと思い電話に出たら、いわちからで様子見に来たから玄関開けてって事だった


今だにピンポンはまだ、ちょっと怖いから…
家に来る人は鳴らす前に電話をしてくれるようになった




それで玄関を開けに行き、いわちと話をしてしばらくしてから、あんまり記憶が無い







翌朝、スマホの着信音で目が覚め











(なまえ)
あなた
もしもしー…平野です~(っ﹏-) .。
平野紫耀
平野紫耀
📞はい、こちらも平野です‪w
もしかして寝てた?ごめん、起こしちゃったか
(なまえ)
あなた
え…あ!!しょー?!
平野紫耀
平野紫耀
📞はい、紫耀です
(なまえ)
あなた
おはよ~紫耀
平野紫耀
平野紫耀
📞おはよ、昨日は連絡ごめんな
(なまえ)
あなた
忙しかった?
平野紫耀
平野紫耀
📞まぁ、ちょっとな
玄樹から聞いたけど…大丈夫??
(なまえ)
あなた
あ!!いわちは?
平野紫耀
平野紫耀
📞昨日あなたに電話したら玄樹出て、しばらくしてから帰ったよ
(なまえ)
あなた
あぁ、気づかなかった…
平野紫耀
平野紫耀
📞昨日はあなたと話せなかったし、体調も心配だったから掛けたんだけど…どう?
(なまえ)
あなた
うーん…
寝起きだから何とも言えないけど、
今日も1日ゆっくりしてる
平野紫耀
平野紫耀
📞うん、そうして、
でも本当にキツかったら病院行けよ?
(なまえ)
あなた
うん、そこまでぢゃないとは思うけど、わかった
(なまえ)
あなた
ねぇ…しょー?!
平野紫耀
平野紫耀
📞どうした?
(なまえ)
あなた
今日も帰り遅くなりそう?
平野紫耀
平野紫耀
📞あぁ…どうだろ。
何とも言えないんだよなぁ…
(なまえ)
あなた
そっかぁ…、けど仕方ないよね
平野紫耀
平野紫耀
📞ごめんな…
(なまえ)
あなた
ううん…でも、、紫耀…
会いたいよお…
平野紫耀
平野紫耀
📞うん…俺も会いたい。
けど…もう少しだから
(なまえ)
あなた
うん…わかってる
平野紫耀
平野紫耀
📞今日は…早く帰れるようにするから
沢山話そ
(なまえ)
あなた
ありがと…
平野紫耀
平野紫耀
📞もっと話してたいけど
そろそろ行かなきゃ…
(なまえ)
あなた
電話ありがと、話せてよかった
平野紫耀
平野紫耀
📞起こしてごめんな、
ゆっくり休んでて
(なまえ)
あなた
はい、
平野紫耀
平野紫耀
📞ぢゃあ、行ってくるな?!
(なまえ)
あなた
行ってらっしゃい