無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

980
2022/01/23

第171話

*🏥🧸*
*紫耀side*


昨日帰ってすぐあなたに連絡したけど
寝ちゃってたのか話す事が出来ずに、荷物をまとめて俺も寝る事にして、翌日。


疲れてたのもあり、いつもより寝てしまい

起きてすぐ身支度を済ませホテルを後にして

タクシーで駅に向かった




早くあなたに会いたかったから




あなたに帰るよって連絡を入れようとも思ったけど、多分帰りは夜だと思ってるあなたをビックリさせたかったから、連絡しないままにした



朝食も取らずに出たから新幹線の中で軽く食べ
迎えに来てくれる玄樹に到着時刻を連絡した






向かう時同様、数時間。

着いたのは昼過ぎで、改札を通ると
岩橋玄樹
岩橋玄樹
紫耀~(  ´꒳` )੭"フリフリ
平野紫耀
平野紫耀
久しぶり~‪w
岩橋玄樹
岩橋玄樹
1週間だけどね‪w
おかえり✩
出張お疲れ様でした
平野紫耀
平野紫耀
ありがと~
変わりなくですか?
岩橋玄樹
岩橋玄樹
そうですね
大丈夫ですよ
平野紫耀
平野紫耀
ならよかった
岩橋玄樹
岩橋玄樹
けど、あなたちゃん
連れて来なくてよかったの?
平野紫耀
平野紫耀
驚かせたいからな‪w
岩橋玄樹
岩橋玄樹
なるほど‪w
ぢゃあ、行きますか?
平野紫耀
平野紫耀
お願いします~






🚗³₃Boooon!!


玄樹の車に乗り、家へと直行してもらった
平野紫耀
平野紫耀
あ…あなたって体調大丈夫なのかなぁ?
岩橋玄樹
岩橋玄樹
あぁ…どうだろ
昨日連絡した時は、まだちょっとしんどそうにはしてたけど…今日連絡取ってないの?
平野紫耀
平野紫耀
いや、朝ちょびっとLINEはしたよ
岩橋玄樹
岩橋玄樹
なら大丈夫ぢゃないのかなぁ
平野紫耀
平野紫耀
早く会いてぇ…
岩橋玄樹
岩橋玄樹
一緒も離れることなんて
ほどんど無かったもんね‪w
そして、家の前に車を停めてくれて
岩橋玄樹
岩橋玄樹
はい、到着
平野紫耀
平野紫耀
玄樹も来るだろ?
岩橋玄樹
岩橋玄樹
今日はいいよ‪w
夫婦でゆっくりお過ごしください‪w
平野紫耀
平野紫耀
なんかごめん、
岩橋玄樹
岩橋玄樹
あ、これこの前借りた鍵ね
平野紫耀
平野紫耀
あぁ、ありがとう
岩橋玄樹
岩橋玄樹
早く行ってあげな‪w
きっと待ってるよ
平野紫耀
平野紫耀
うん、
ぢゃあ、ありがとな
岩橋玄樹
岩橋玄樹
どういたしまして
ぢゃあ、また月曜に病院でね
平野紫耀
平野紫耀
あいよ、気をつけて
岩橋玄樹
岩橋玄樹
ありがと
ぢゃあボクは行くね‪w
バイバイ~(*>∀<)ノ))





玄樹を見送り、早足で家へ

静かに鍵を開けて








平野紫耀
平野紫耀
あなた~!!!!
ただいま~