無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

945
2022/01/28

第176話

*🏥🧸*

*紫耀side*

あなたがリビングに戻ってきてから
なんかムスッとしてんなって思ったけど、そう言う事か
平野紫耀
平野紫耀
あなたが疑うような事はにもないよ?
(なまえ)
あなた
疑ってるとかぢゃないよ
(なまえ)
あなた
たださ…紫耀は女の人の匂いを付けて帰って来たことないもん…。
だからちょっと気になっただけ
平野紫耀
平野紫耀
昨日さ??
遅くなるって言ったぢゃんね?
(なまえ)
あなた
うん
平野紫耀
平野紫耀
その患者さんがね
やっぱ入院長くなっちゃってて
息が詰まるからって言って夜話聞いてあげてたんだよね
(なまえ)
あなた
話聞いてただけ?
平野紫耀
平野紫耀
付き添って屋上行った
(なまえ)
あなた
先生、屋上好きだね
平野紫耀
平野紫耀
それで話してる時に
ちょっと腕組んで来た時ぢゃないかな
ほんとにそれだけだよ?
(なまえ)
あなた
紫耀はモテるから…
ムカつく…
平野紫耀
平野紫耀
ぃゃぃゃぃゃ
相手は患者さんだから
そんな嫉妬しなくても…‪w
(なまえ)
あなた
何年か前に患者さんに嫉妬したお医者さんは誰でしたっけ





うわぁ…あなたさん

そんな前の話まだ持ち出してくるのね…


だから毎度言うけど…嫉妬させると怖いんだよな
平野紫耀
平野紫耀
すいません…
(なまえ)
あなた
紫耀…
平野紫耀
平野紫耀
ん?     ぇ…
名前を呼ばれた途端ソファーに押し倒された…

あれ…あなたってこんな力強かったけ…
平野紫耀
平野紫耀
あなた…?
(なまえ)
あなた
紫耀は…わたしの旦那さんなの!!
平野紫耀
平野紫耀
そうだよ?
モヤモヤさせたならごめんな
(なまえ)
あなた
旦那さんなのに
心配になる
平野紫耀
平野紫耀
信じててよ俺の事
(なまえ)
あなた
紫耀の事は信じてるよ?
でもさ、紫耀って本当にかっこいいの
だから優しくされたら女の人なんて簡単に落ちるからね?
平野紫耀
平野紫耀
だとしても俺はあなたしか興味ないから!!
わかりましたか?
(なまえ)
あなた
…はい
うーん…なんか納得言ってないような感じだな



けど…その前に
平野紫耀
平野紫耀
なぁ、あなた
(なまえ)
あなた
はい…
平野紫耀
平野紫耀
いい加減さっきから俺のKingが
限界を迎えそう…
(なまえ)
あなた
どうする事も出来ないもん
ごめんね






なんで今なんだよ~

タイミング悪すぎるだろ