無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

949
2022/01/22

第170話

*🏥🧸*
*紫耀side*


最終日…

いつも通り業務をこなして
夕方近くに患者さんに挨拶をして回り
お世話になった先生方にもお礼を言ってから、最終研修中へ行き2時間講義を受けて…


早く帰りたい気持ちを抑えてまた病棟へ










平野紫耀
平野紫耀
居ますかぁ?!
玲香
玲香
あ、約束守ってくれたんだ~
平野紫耀
平野紫耀
まぁ、約束したので
玲香
玲香
ぢゃあ~行こ...♪*゚
しょー
平野紫耀
平野紫耀
あぁ…うん
玲香
玲香
夜だとさ、中庭行けないんだよね
平野紫耀
平野紫耀
ごめん、夜しか時間取れなくて…
玲香
玲香
だから屋上行こ~



屋上か…


屋上って、よくあなたも行きたがってたな


やっぱり早くあなたに会いてぇ…













屋上に着くと
玲香
玲香
やっぱ外の空気はいいね
平野紫耀
平野紫耀
こっちは空気が綺麗だ
玲香
玲香
なーんもないとこだからね
しょーが住んでるとこは?
平野紫耀
平野紫耀
まぁ、東京だからな
玲香
玲香
行ってみたいなぁ
平野紫耀
平野紫耀
俺はこっちの方がいいと思うけどな
平野紫耀
平野紫耀
あ…波の音がする
玲香
玲香
あぁ~ちょっと行くと海あるよ?
しょー海好きなの?
平野紫耀
平野紫耀
え、あぁ、まぁね
観光する時間もなかったなぁ
玲香
玲香
明日帰るの?
平野紫耀
平野紫耀
うん、待ってる人が居るからね
玲香
玲香
そっかぁ…
玲香
玲香
ねぇ…しょー

その時、急に玲香ちゃんが腕を組んで来た
平野紫耀
平野紫耀
え?どうしたの?
玲香
玲香
ずっとこっちに居ればいいのに…
平野紫耀
平野紫耀
え?
玲香
玲香
わたしは、しょーが居てくれた方が楽しいし
平野紫耀
平野紫耀
ありがとね、でも
玲香
玲香
なーんてね冗談だよ‪w
そんな本気にしないでよ‪w
平野紫耀
平野紫耀
ビックリした…
寒いだろ、そろそろ戻る?
玲香
玲香
大丈夫、寒いのは平気だし
もう少し付き合ってよ



そのまま消灯時間のちょっと前まで屋上に居て、話をした


病室に送り届けた後
玲香
玲香
ありがと…しょー
楽しかった
平野紫耀
平野紫耀
うん、こちらこそ
玲香
玲香
また出張来た時は
付き合ってあげる‪w
平野紫耀
平野紫耀
(´°ᗜ°)ハハッ..
玲香
玲香
明日気をつけて帰りなよ
平野紫耀
平野紫耀
ありがと
玲香ちゃんもお大事にね







こうして、やっとこ1週間の出張を終えた

早くホテル戻って、帰る支度して

朝一で帰ろ