無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

998
2022/01/19

第168話

*🏥🧸*

*紫耀side*
平野紫耀
平野紫耀
おはようございます
医師
あ、平野先生、平野先生
平野紫耀
平野紫耀
はい??
医師
玲香ちゃんから聞いたよ~?!
朝っぱらから珍しくテンション高く寄ってきてね~
平野紫耀
平野紫耀
あ~…はい
医師
平野先生が気晴らしに連れてってくれるって言うから許可出してくれって、まぁ僕も先生が一緒ならいいよとは返事しちゃったんだけど
平野紫耀
平野紫耀
え?!
医師
ん?何か違った?!
平野紫耀
平野紫耀
あ…いえ、そうゆう訳ぢゃ…
医師
そう?
けど玲香ちゃんがこんなに懐くのは珍しい、僕なんて毛嫌いされてるからな
医師
まぁ、あと2日頼むよ、平野先生
平野紫耀
平野紫耀
はい…こちらこそです。



気晴らしって…そんな時間ねぇよ…

まぁ俺が昨日あんな話をしたからだけどさぁ…




先生と話を終えていつも通り、患者さんのとこに挨拶回りしてると
玲香
玲香
しょー~!!!!
平野紫耀
平野紫耀
あ、おはよう玲香ちゃん
だからさぁ~
玲香
玲香
はいはい
先生って呼べでしょ?!
平野紫耀
平野紫耀
わかってるなら…
玲香
玲香
昨日の話、先生が許可くれたよ~!!
平野紫耀
平野紫耀
あ~聞いたよ
玲香
玲香
本当に~?!なら話は早い
今日は?
平野紫耀
平野紫耀
え…今日?!
玲香
玲香
だって、しょー
今日と明日しか居ないぢゃん
平野紫耀
平野紫耀
まぁ…そうなんだけど



いや…今日はあなたになるべく早く帰るからって言っちゃってんだよな


仕事なら、わかってはくれるけど…


体調も心配だし……
平野紫耀
平野紫耀
今日かぁ~…
玲香
玲香
別に明日でもいいけど