無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

140
2021/07/10

第3話

~ボカチ~
ハニ
ハニ
なにこれ〜寒すぎでしょ
すごい文句言ってる。寒い、寒すぎる、死にそうとか語彙力飛んでそう。けど、「寒いからあっためて」とか言いながら、あなたちゃんの手を掴んで、自分のポケットに突っ込む。キュン死するやつやん


































シュア
シュア
うわ、さむッ!あっ、これ着て!マフラーもしっかり巻いて⁇だからもうちょっと着てって言ったのに…
否めないオンマ感。可愛いのために寒いのは我慢しようと思ってたのに、我慢してるのバレちゃって、お団子みたいにされる。ちょっと拗ねてたら、服めっちゃ似合ってたって褒めてくれるから、拗ねようにも拗ねれない。え、オンマからの振り幅どーなってんだ

































ジフナ
ジフナ
さむッ
ジフナ
ジフナ
………腹減ったから、ご飯
腹減ってるからってどっかお店に入る。直接的じゃ無くて、ツンデレだから遠回しに「あったかいとこ行こ」みたいな。そんで、さりげなく手も繋ぐ。ツンデレ最高じゃね?そして、想像してみて下さい。ウジペンさん、生きてますか⁇































ソクミナ
ソクミナ
うわぁ、家帰る⁇ㅋㅋㅋ
寒いの言葉さえも出てこなくて、あなたちゃんの身体が心配でまず1番に家に帰るという選択してをを提示する。あなたちゃんが大丈夫って言うと、疑いながらも、まずあったまろうってお店連れてってくれる。さすが神様の次に優しい人(?)




































スングァニ
スングァニ
ヌナ!一緒に歌歌いましょう!
急になんだと思ったけど、ノリノリで歌ってたら、身体もあったかくなってきた。さりげなくマフラーも直してくれるし、密着しながら一緒に歌う。生歌じゃん。最高じゃん。姫が王子様しとるわ…