無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第9話

おまけ☆入学式
教頭先生
生徒、入場。
うわああ。
中学校の体育館は、小学校よりもだいぶ広かった。
あなたを上回る背の高い先輩方が力強い拍手を送る。
卒業式とは違って練習してないのに、これはきつい。

それに…
あなた

生徒か。

今日から中学生。
まだまだ慣れない。
つい あの時を思い出してしまう。
楽しかったな。
ここでも、小学校時代と同じくらいいい思い出作んなきゃ!
あなたは気合を入れてパイプ椅子に座る。
あなた

わっ。

パイプ椅子は小学校のものよりもボロく、ガタガタ震える。
大丈夫、大丈夫。
あなたの胸には素晴らしい過去が眠ってるんだから。




★おしまい★

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。
感謝感激雨あられ!
あなたさん(読者のあなた)の幸せを心より願っております。