第10話

10
123
2021/07/27 06:43





部屋に入ると





なにも変わっていなくて





真っ白なままだった





まるであの頃から時間が止まっているみたいに





(なまえ)
あなた
あれ?ひまわり?
晴人
晴人
いった…
(なまえ)
あなた
え?大丈夫?
晴人
晴人
うん!大丈夫!
晴人
晴人
ていうか、さっき会った時から気になってるんだけど、なにそれ?





私が腕にかけている袋を指さす





そういえば





今日昔の話をもう少ししようと思ってたんだ





(なまえ)
あなた
あ、これね!
(なまえ)
あなた
ここで入院してるときに晴人くんと話してたことがもうひとつあるの!
晴人
晴人
ん?





そう、これがもうひとつの約束





あの時果たせなかったこと





(なまえ)
あなた
私が元気になったらバスケ一緒にやろうって!





そう言いながら袋に入ったボールを出す





同時にリストバンドも





(なまえ)
あなた
あれ?なんか書いてある?





この10年間1度も気づかなかったけど





リストバンドの裏側になにかが書いてあるのに気づいた





(なまえ)
あなた
あなたちゃんが早く元気になって、バスケができますように………
(なまえ)
あなた
晴人より………





その最後の文字を読んだ瞬間





彼は頭を押さえつけながら倒れた





どうすればいいかわからなくて





何度も何度もナースコールを押した





けど何故か誰も来なくて





心細くて、泣きそうだった





そのとき丁度後ろを通りかかった看護師さんを呼んで





彼はどこかに運ばれていった




































































































今までで1番激しい頭痛がした





誰かが俺の名前を呼んでいる





誰だかわからない





けど何年も前から知っている声





知りたい





誰なのか





教えてほしい





あれは…





自動車?





その前に女の子がいる





危ない!!





そう思った時には女の子は轢かれていた





運転手がすぐに降りてきたけど





動揺して対応ができていなかった





誰かが対応しなくちゃ…





え?俺?





向かい側の歩道から俺が走ってきた





すぐに救急車を呼んで





何度も何度もその子に声をかけている





目が閉じてきたとき





その子が小さな声で





「助けて」





そういったのが聞こえた










次は映像が飛んで…





病院?





あ、ここなら俺も知ってる!





そこには





轢かれた女の子…





そしてその横に俺がいる





よかった、助かったんだ





なにか話してる





バスケしようって…





あ、女の子がどこかに行った





俺は置いてあるリストバンドを手に取って





「あなたちゃんが早く元気になって、
バスケできますように!」





あなたちゃん…





頭が痛い





割れそう





どうしたらこれが終わるのか





きっと俺はもうわかってる





だけどもう少し確信を持ちたいから…










また映像が飛んだ





次はあの病院の近くの交差点





ひまわりを持った俺が…





轢かれた?










全部わかった





全部思い出した





この声は





立花あなた





俺がたくさん約束をした相手





でもその約束を破って





彼女自信を忘れて





彼女を苦しめた





なんで忘れてたんだ





今すぐ彼女の元に行かなくちゃ





プリ小説オーディオドラマ