無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

まふまふさんとの出会い
当時中学3年生の私は
祖父祖母からの虐待、学校からのいじめ。
そんな傷だらけになりながら親戚の集まりに参加していた。

私は中学一年生の頃からYou〇ubeで歌い手としての活動をしていた。
それまではボカロPとしての活動をしていた。
私の両親は私が小学三年生のときに事故で亡くなった。
私の両親は世界ですごく有名なトップミュージシャンだった。
生まれた頃から両親のライブや歌を聴いていたり、機材を触ったりギターを教えて貰っていたから虐待やいじめで削られた心の穴を埋めるようにボカロP、歌い手としての活動にあけくれていた。

早く高校生になって1人暮らしをしたい。
幸い、歌い手とボカロPの活動でお金は普通のサラリーマンやOLの人よりも全然あった。
そんな時にまふまふさんと出会い、幸せになっていく少女のお話。
ココア
ココア
早く帰って歌いたい…人混み苦手だなぁ…
まふまふの母
まふまふの母
ココアちゃん、久しぶりね、元気だった?
ココア
ココア
あ…お久しぶりです、元気でしたよ
まふまふの父
まふまふの父
おぉ、久しぶりだなぁ。
こんなに大きくなって…
まふまふ
まふまふ
あ、ココアちゃん!久しぶりだね
(ココアちゃんって、歌い手のココアさんに声似てるし名前おんなじなんだよな…いやでもまさか…ね)
ココア
ココア
真冬くん…久しぶり。
まふまふの母
まふまふの母
ココアちゃん、少しお話があるのだけれど…いいかしら?
ココア
ココア
…?はい、いいですけど…
まふまふの父
まふまふの父
ココアちゃん、君、おばぁちゃんとおじぃちゃんから虐待を受けていないか?
ココア
ココア
っ…受けていない…です…
まふまふの母
まふまふの母
ココアちゃん、私たちは敵じゃないわ。
もし貴方が虐待を受けているのなら、中学生の間だけでも私たちの養子になって欲しいの。高校生になったら一人暮らしでもなんでも出来るから、それまでは元気に暮らして欲しいから…
ココア
ココア
……私の…敵じゃない…?養子…?
まふまふ
まふまふ
ココアちゃん、正直に話して欲しいの。
痣とか多いし…ココアちゃんの祖父祖母のひとたちがココアちゃんを見る時すごく怖い目をしてたし、ココアちゃん怯えてたから…
ココア
ココア
あ…えっと…あ…う…
まふまふの母
まふまふの母
ゆっくりで大丈夫よ
ココア
ココア
すー…はー…すー…はー…
まふまふの父
まふまふの父
大丈夫そうか…?
ココア
ココア
はい…
ココア
ココア
えっと…私は虐待を受けて…ます…
まふまふの母
まふまふの母
…!!やっぱり…
まふまふ
まふまふ
あの祖父祖母、もともと親戚内でも評判悪かったから心配で…話してくれてありがとう
まふまふの父
まふまふの父
そうか…辛かったなぁ…
ココア
ココア
大丈夫…です…
まふまふ
まふまふ
そうだ、僕一人暮らしなんだけどさ
ココア
ココア
…?うん…
まふまふ
まふまふ
僕と二人暮しするか、僕も両親と同居するか、どっちがいい?
ココア
ココア
えっ…?
まふまふ
まふまふ
ココアちゃんが今行ってる中学校で中三までい続けたいんなら僕が○○中学校の学区に引っ越して、そこに僕とふたりで住むか、転校して僕の両親と住むか…なんだけど
まふまふの父
まふまふの父
すまないな、俺達も仕事があるから引越しは難しくてな…
ココア
ココア
あっ…いえ…!全然大丈夫…です
ココア
ココア
あの…
まふまふの母
まふまふの母
ん?どうかした?
ココア
ココア
私が真冬くんのご両親のところに住まわせてもらったら、真冬くんには会えませんか…?
まふまふ
まふまふ
全然会えるよ!?ココアちゃんが両親のほうの家に行って中学卒業するんなら僕は両親のところにいようと思ってたし…
ココア
ココア
そう…なの…?
まふまふの母
まふまふの母
えぇ、私たち夜遅くまで仕事だからココアちゃんのめんどうをみてほしくてね、一応選択肢を与えたかったし…
ココア
ココア
ありがとう…ございます…(泣)
まふまふの父
まふまふの父
じゃあ俺たちの家に来る感じで大丈夫か?
ココア
ココア
はい、ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします…(泣)
まふまふの母
まふまふの母
ココアちゃん、よく頑張ったわね、えらいわぁ(´。・ω・)ノ゙
まふまふ
まふまふ
そうとなれば早く荷造りしないと!
まふまふの父
まふまふの父
ココアちゃんの祖父祖母には俺から話を通そう。さすがに警察官の俺相手にはあのめんどうな祖父祖母も潔くココアちゃんをくれるだろ
まふまふの母
まふまふの母
そうね、頼んだわ。
ココア
ココア
ぐすっ…ほんとにありがとうございます…(泣)
まふまふ
まふまふ
大丈夫だよ、それよりお父さんが話してる間にココアちゃんの家に行っていろいろ運び出しとこう、急がないと
まふまふの母
まふまふの母
そうね、ココアちゃん行きましょう!ほら、手繋いで
ココア
ココア
あ、はい…!(手繋いで歩くのなんていつぶりだろう、中3にもなって手を繋ぐのが嬉しなんて…すごく暖かい…)
----ココアの家----
まふまふ
まふまふ
ダンボール持ってきたよー、持っていくものってどこら辺にある?僕詰めとくよ
ココア
ココア
あ、ありがとう…えっと…ここら辺にあるもの詰めて貰えると助かり…ます…
まふまふ
まふまふ
ふふ、無理に敬語使わなくて大丈夫だよ、中三までは家族なんだから!ね?
ココア
ココア
あ…はい…あっ、うん!
まふまふ
まふまふ
うん、それでおっけー!
ココア
ココア
えっと…この機材はここに入れて…壊れないようにこうして…ギターは手で持っていこう…
まふまふ
まふまふ
あれ、このギターって…
ココア
ココア
お母さんとお父さんがくれたギターだよ
まふまふ
まふまふ
ってことはまさか…!?
ココア
ココア
…どうしたの?
まふまふ
まふまふ
ココアちゃんって、あの歌い手のココアさん!?
ココア
ココア
えっ…あ、うん…そうだけど…
まふまふ
まふまふ
え!?ほんとに!?僕大ファンで…!!!
あぁぁそれと!!!ぼく歌い手のまふまふ!!!知ってる!?
ココア
ココア
えっ…まふくん!?
まふまふの母
まふまふの母
あなたたちどうしたの?あら、ココアちゃんのギター、綺麗だわね…お父さんとお母さんがくれたやつだっけ?
ココア
ココア
あ、はい…そうです
まふまふの母
まふまふの母
あ、そうだ!言うのを忘れてたわ、真冬。
この子、歌い手界のココアちゃんらしいわよ。
まふまふ
まふまふ
今知ったよ!!!なんで早く言ってくれなかったの!?僕大ファンで…もうほんと大ファンで!!!ってそれより!!!中三であの歌唱力と作詞能力がすごくて!!!!ってココアさんが中三だったの今知ったんだけど!
ココア
ココア
あっ…私年齢公開してないから…
まふまふ
まふまふ
まさか…遠い親戚に僕のあこがれ(ほぼガチ恋)の人がいるとは…
ココア
ココア
私も真冬くんの歌好きでよく聞いてるよ、私の作ったボカロの曲絶対原キーで心込めて歌ってくれてたからよく聞いてた…
まふまふ
まふまふ
っ!うれしい!!!!!
まふまふの母
まふまふの母
なんかよく分からないけどよかったわね…w
まふまふの母
まふまふの母
あっ、お父さんから連絡だわ
まふまふの父
まふまふの父
ああ、お母さんか?今問いただしたところ、虐待を認めたから養子にできると思うぞ。
まふまふの母
まふまふの母
ほんとう!?よかったわぁ…こっちもそろそろ荷造りが終わるからすぐ行くわ。
まふまふの父
まふまふの父
あぁ、わかった。
まふまふの母
まふまふの母
よしっ、ココアちゃん、無事に私たちの養子になれそうだわ。
ココア
ココア
ほんとですか…?ありがとうございます…!
ココア
ココア
迷惑かけてばかりでごめんなさい…
まふまふの母
まふまふの母
全然いいのよ!ココアちゃんの両親はほんとうに助けられたし、ココアちゃんのことをすごく大切にしていたからね。
今度はこっちの番よ!
まふまふ
まふまふ
そうだよココアちゃん!歌い手としての話もできるし…!僕は良いことづくしだよ!w
ココア
ココア
ふふ…w真冬くんおもろしろい…w
まふまふの母
まふまふの母
あら…(笑った顔を始めてみたけどすごく可愛いわ…○○(ココアの両親)にそっくりね…)
ココア
ココア
…?
まふまふの母
まふまふの母
あ、ごめんなさい、なんでもないわ
まふまふの母
まふまふの母
さ、車に戻ってお父さんと家に帰りましょう!
ココア
ココア
あ…はい!
----------------------------------------------------------------
っと言う感じで、どうも!作者です!
新しい作品のスタートです!
出来れば毎日投稿か、一日二回ほど投稿出来ればなと思っているのでどうかよろしくお願いします!
あとから他の歌い手さんや、いろんな人達も登場してくるのでお楽しみに!
では、また次回お会いしましょー!
おつくれ