プリ小説

第19話

15
雅紀side



急にあなたが倒れた。
朝から体調悪そうだったのに、なんで気づかなかったんだろう。
二宮先生
あ、雅紀!!
先生から話は聞いてるよ。
ベッドに寝かして
相葉雅紀
はい。
二宮先生
んー、多分貧血かな。
大丈夫。すぐ目覚ますよ。
相葉雅紀
ありがとう、ございます。
二宮先生
大丈夫だって。
そんなに気負わなくて
相葉雅紀
………
二宮先生
(こりゃダメだな。)











「コトッ」
二宮先生
はい、どーぞ
相葉雅紀
え、
二宮先生
コーヒー。飲みな?
落ち着くよ?
相葉雅紀
ありがとうございます。
ニノ先生のコーヒーを飲んだら何だか気持ちがスッキリした。
二宮先生
話なら聞くよ。
そう言ってくれるのが嬉しくて、俺は少しずつ話し始めた
相葉雅紀
俺、あなたが倒れた時怖かったんだ。

翔くんと同じように俺の前からいなくなっていくんじゃないかって。

俺何も出来なかったんだ。
二宮先生
でも、雅紀はあなたをここまで連れてきてくれたでしょ?
相葉雅紀
でも…
二宮先生
大丈夫だよ。
雅紀はちゃんと行動してくれたから。
だから大丈夫。ね?
ニノ先生に話したらすごく楽になった。
あなた、無理する性格だから、俺に迷惑かけないように隠してたんだよね…
二宮先生
あ、あなたの保護者に連絡とれる?
相葉雅紀
あ、はい。
お兄さんなら。
二宮先生
ゴメンだけど連絡してくれない?
俺先生に言いに行かなきゃダメだから
相葉雅紀
分かりました。













そう言われて俺は、智さんに電話をした。
「プルルルップルルルッ」
大野智
はい。もしもし
相葉雅紀
あ、智さん?
雅紀です。
大野智
雅紀?どーしたの?
相葉雅紀
あなたが始業式中に倒れちゃって…
大野智
え、今すぐ行く!!
保健室だよね?
相葉雅紀
はい。
大野智
ちょっと待ってて!!












5分後
大野智
雅紀!!
相葉雅紀
智さん!
大野智
あなたは大丈夫?
相葉雅紀
うん。
ごめんなさい!!俺が見てなかったから。
大野智
ううん、大丈夫。
雅紀はあなたのそばにいてくれたでしょ?
二宮先生
あ、お兄さんですか?
大野智
はい。
ご迷惑をお掛けしました。
二宮先生
いえいえ。
あなたさんは貧血だと思われます。
ゆっくり休ませてあげてください。
大野智
はい。ありがとうございます
二宮先生
いえ。
では目が覚めたら教えてください。
大野智
雅紀、ありがとう。
相葉雅紀
え?
大野智
あなたのそばにいてくれて。
あなた、翔が亡くなってから心ここに在らずって感じだったでしょ?
雅紀のおかげで良くなったから。
これからもよろしくね
相葉雅紀
そんな事ないよ…
でも、俺はあなたに笑っていて欲しかったから。
あなた
んっ
相葉雅紀
あなた!!
あなた
ま、さき?
相葉雅紀
うん。そうだよ
大丈夫?
あなた
あ、そっか私倒れて。
大野智
そうだよ〜!!大丈夫?
あなた
智兄!!
相葉雅紀
あ、俺先生呼んできます。
大野智
よろしく〜!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

mizutama☆♪♡
mizutama☆♪♡
よろしくお願いします〜!!(ㅅ˙³˙)♡ 嵐、SILENTSIRENが大好きです!!😍❤️😘 ニノ・にのあいよりのall担
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る