無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

取り合いされてみた
坂田銀時✖️高杉晋助

「高杉、これだけは譲らねェぜ」

「ああ?  そりゃこっちのセリフだぜ銀時」

 あなたを間に挟んで、バチバチと火花を散らす二人。そんな二人に最初は何も言わなかったあなたも、だんだんイライラしてきます。

『仲良くできないなら、二人とも嫌い』

 そう言ってあなたはその場から立ち去ります。

 すると、二人は途端に喧嘩をやめました。

「そんなこと言わないで! お願い!」

「あなた、悪かった」

 二人は、あなたのあとをついてきます。あなたに嫌われることが何よりも嫌なのです。

土方十四郎✖️沖田総悟

「土方さん、その手、どけてくだせェ」

「それはテメェだろうが」

 二人から両腕をつかまれているあなた。振り解こうにも、二人の力にかなうわけがありません。

『もう……』

 結局、あなたは諦めてずっと二人に挟まれたままとなってしまいます。一人で行くはずだったパトロールも三人で行くことになるでしょう。