無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

幼児化されてみた
 朝起きると、彼が幼児化していた、という設定です。

坂田銀時

『か、かわいい……!』

 あなたはさっそく、にっこり笑顔です。

『(髪の毛、いつもよりふわふわしてる……)』

 そう思いながら優しく頭を撫でてあげると、彼は嬉しそうににこにこと笑います。

「うゆ」

『んん゙っ』

 彼のかわいさに、あなたの心は撃ち抜かれます。

土方十四郎

『うわ、かわいい……』

 いつもの鋭い眼光はどこへやら。くりくりとした瞳で彼はあなたを見上げます。

「あーう」

『はあ……』

 あなたは顔がにやけて、ため息を吐くことしかできなくなります。

沖田総悟

『……!』

 あまりの驚きとかわいさで言葉が出ないあなた。彼の頬を何度もつつきます。

「……うう」

 すこし痛かったのでしょうか。彼は瞳を潤ませます。そんな彼すら、かわいくてしかたがありません。

高杉晋助

『ひゃあ、かわいい……』

 優しく頭を撫でてあげると、彼はくすぐったそうに笑います。

「うゆ」

『(うゆって……!)』

 あなたの心臓は、きゅんと音をたてて高鳴ります。

∗ . ∗ . ∗ . ∗ . ∗

 マヨサド様、リクエストありがとうございました。

 またのリクエスト、お待ちしています。(*ᴗˬᴗ)⁾⁾