無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

遊園地でピンチ!?(6)
マサイside
なんでここにまでいるんだよ…!
俺は、いつになったら怯えずに外に出れるんだ…
ダーマ
ダーマ
マサイ、口開けろ
マサイ
マサイ
ん…?(パカッ)
ダーマ
ダーマ
(グッ)
なんか口に…って
マサイ
マサイ
あっつ!
ソースの味といい、ほのかに香る鰹節の香り…
マサイ
マサイ
ひゃこやきぃ!?あちゅいい!!
ダーマ
ダーマ
あ、ごめ…っ!
あついあついあつい!
…でも、だしたら食べ物が…
ダーマ
ダーマ
…!(グイッ)
マサイ
マサイ
!?
なんか柔らかいものが口に触れた…
それと同時にあついのがやわらいだ…?
それになんかダーマの顔が近い…















ってこれ、キスしてる!?
え、え…
ダーマ
ダーマ
っは、ごめん、熱かっただろ?
マサイ
マサイ
え、う、うん…
キスよりそっちが先!?
ダーマ
ダーマ
…あ
ザカオ
ザカオ
だ、ダーマ…
ぺけたん
ぺけたん
もしかして、そういう関係…?
ふ、2人がいるの忘れてた!
マサイ
マサイ
い、いや!断じて違う!ダーマは
俺に気を使ってくれただけだよ!
それしか考えられない!
ザカオ
ザカオ
そっか、なんだ
マサイ
マサイ
びっくりさせちゃったよ…
ダーマ
ダーマ
…ボソッ)モトキは良くて俺はダメかよ…
今ダーマがなんか言ったような…気のせいか
マサイ
マサイ
…ん、お返し
ダーマ
ダーマ
ホットドックかよ…まあいいや
(ガブッ)
マサイ
マサイ
…俺も食べる
(パクッ)
…あ、おいしい
ぺけたん
ぺけたん
マサイコーラいる?
マサイ
マサイ
いる
ザカオ
ザカオ
ポテトもあるよ?
マサイ
マサイ
食べたい!
なんだろ、美味しいものばっかりある笑
マサイ
マサイ
やばい、太る笑笑
ダーマ
ダーマ
太れ!
ザカオ
ザカオ
そうだよ!ガリガリなんだから!
マサイ
マサイ
ぺけもだよ!
ぺけたん
ぺけたん
押し付け笑笑
…そういえば、シルクたちは…
マサイ
マサイ
ねえ、シルクたちに連絡しよ?
ザカオ
ザカオ
あー、そうだね。1回合流しようか
(プルルルッ)
マサイ
マサイ
…あ、もしもしシルク?
シルクロード
シルクロード
『マサイ、今どこ!?』
マサイ
マサイ
観覧車の…いや、シルクこそどこ?
シルクロード
シルクロード
『赤いジェットコースターの近く』
モトキ
モトキ
『いえええええええええええええええええええええええええええええい!』
ンダホ
ンダホ
『やだああああああああぁぁぁ!』
マサイ
マサイ
…俺が行くから待ってて
シルクロード
シルクロード
『え、でも危ないだろ』
マサイ
マサイ
方向音痴のシルクを
行動させる方がダメでしょ
シルクロード
シルクロード
『…わかった、困ったら
すぐ連絡しろよ?わかったか?』
マサイ
マサイ
わかったわかった、ちゃんとそこにいてね?
シルクロード
シルクロード
『了解』
…さてと
マサイ
マサイ
待ってて、呼んでくるから
ここで絶対に待っててね?
ダーマ
ダーマ
わかってるわ
ぺけたん
ぺけたん
行ってらっしゃーい
ザカオ
ザカオ
迷子にならないでねー?
マサイ
マサイ
ならねえよ
…赤いジェットコースター…あ、あれか!
早く行こ