前の話
一覧へ
次の話

第2話

第一話「捨てられた双子」
185
2023/07/07 11:00
〜遡る事2時間前〜
シェイン
任務終わった………お腹空いたなぁ
シェイン
久々に外食でもしようかな?
「お姉ちゃん……これから、どうするの……?」

「僕が、絶対に紅羽を守るから………大丈夫」
シェイン
(ん?……公園の方からかな……、今17時
だけど……声は幼いな)
シェイン
………行ってみよう
〜公園〜
紅羽
紅羽
お姉ちゃん………
頼
大丈夫、大丈夫だからね紅羽………
シェイン
(見た感じ12歳?会話の内容的に
捨てられたか家出したか、かな……)
シェイン
ねぇねぇ、君達
頼
な、何ですか………?
シェイン
もう夜だけど、お父さんとお母さんは?
紅羽
紅羽
わ、私達が……幼い時に死にました………
頼
義理の親はいるんですけど………その………
シェイン
(捨てられたって事か………)
シェイン
私は地球防衛軍の副隊長なの、本部で
保護するから一緒に来てくれない?
紅羽
紅羽
え……?あ………
頼
………分かりました、着いて行きます
シェイン
って事で本部で保護しようと思って!
バハート
そうなんだ、月詠隊長には言ったの?
シェイン
ハクホーに?言ってないよ!
バハート
(言わないと駄目なんじゃ……?)
バハート
まぁ、良いか………ねぇ、名前は?
頼
百鬼ナギリライです
紅羽
紅羽
紅羽です
バハート
百鬼?珍しい苗字だね
シェイン
バハートちゃん!ちょっと来て〜!
バハート
じゃあ、私行ってくるね!2人でも大丈夫?
頼
は、はい
バハート
じゃあちょっと待っててね!
タッタッタッタ…………
紅羽
紅羽
お姉ちゃん…………
頼
どうしたの、紅羽
紅羽
紅羽
あの人、さ……大丈夫かな………
頼
………後で、一応やっとこ

プリ小説オーディオドラマ