無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,505
2019/12/22

第2話

あっ
はい!どうもまふまふです!
実は、大雨で帰る電車が止まってしまい
おまけに、タクシー乗り場もめちゃくちゃ混んでる…
え?並べって?
面倒臭いじゃないですかやだー(棒)
まあ、それでホテル空いてないかと探したら
何と、あるホテルの一室だけ空いてました!
まあ、2人で泊まることになるけど、男同士だしね
まふまふ
まふまふ
部屋どこでしたっけ?
そらるさん
そらるさん
305号室だよ
まふまふ
まふまふ
ありがとうございます!
そんな話をしながら部屋に向かう途中…
女の人
あぁっ……ん
そらるさん
そらるさん
ん?
まふまふ
まふまふ
え?
そう僕達が言ったのは同時だった
女の人
あっ……う…
そう言った後、女の人の声は聞こえなくなった。
そらるさん
そらるさん
………まふまふさん
まふまふ
まふまふ
は、はい?
そらるさん
そらるさん
ねぇ……ここどんなホテルですかね?
まふまふ
まふまふ
あ…………(察し)
まふまふ
まふまふ
(๑>؂•̀๑)テヘペロ
そらるさん
そらるさん
死ねっ☆
まふまふ
まふまふ
酷いっ!?
僕達は、来るホテルを間違えてしまったみたいです…