無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

生徒会の、裏の顔。
アジト(学校の生徒会室)に戻ってきた私達。
ソファにくつろいで紅茶を飲んでいるのは、先程まで大泣きだったるぅと。
ペロリと舌を出し、余裕そうに笑う。
るぅと
るぅと
あんなに人数がいるのは予想外でしたけど…楽勝でしたねw
ジェル
ジェル
それなw怖いこと言っとき
ながら、ってやつやなwww
ジェルはパソコンをいじりながら。
ジェルは時々長時間パソコンをいじっているが…何をしているのかは知らない。
なんだかんだ言って、アイツがいろいろ厄介かもしれないんだよなぁ…例えば、街の防犯カメラのハッキングとか。
ジェル
ジェル
あ、なーくんあったで
ななもり。
ななもり。
うーん、ドレドレ?
おぉ、沢山いるねぇ。
これ全部潰すのかぁwww
…なんかヤバい会話じゃね??
あなた

…なんの話してんの?

ななもり。
ななもり。
あぁ…さっきのグループ。
怠迷死暗(ダルメシアン)って
名前らしいけど…街の防犯
カメラハッキングして、
アジト探したんだよ。
あなた

なんだその微妙にキュートな名前は。あと、マジでハッキングしてた
のかよ…

嫌な方の予感が当たってしまった。
真剣に見ていたのは町中の防犯カメラ。
奴らの活動する時間や場所を徹底的にマップに書き込んでいっている。
あなた

なんでそんなに必死なの?筆頭の
ヒロさんとやらは倒したじゃん。

莉犬くん
莉犬くん
裏も考えてごらんよ。
俺らに復讐しようとしたヤツらが狙うのは…そう、生徒たち。
さとみ
さとみ
それを防ぐのが、
俺たちってわーけ。
莉犬はスタンガンを改良しながら、さとみはゲームしながら言う。
なんだ、コイツらは天才集団だったのか?
ころん
ころん
なーくん、このパチンコ
もうちょい改良してパワー調節できるようにしたいんだけど。
ななもり。
ななもり。
あー、待ってて…
ななもりはパチンコを受け取ると本棚の前にたった。
そしてある一冊の本をグッと押し込む。
すると…ガガガガっと大きな音をたてて扉が現れた。
ずっしりとした木の扉だ。
あなた

うわ、なんだこれ

莉犬くん
莉犬くん
俺たちの秘密の部屋。
…武器や個人情報を管理する
特別な改良部屋だよ。
私は吸い込まれるようにしてななもりの後を追ってしまった。
ななもり。
ななもり。
いいの?
こっから先は生徒会の聖域
みたいなものだから、完全に
俺たちの仲間になっちゃうよ?
あなた

あんだけ暴れて…
もう仲間みたいなもんだよ。
今更感がありすぎるってやつ。

ななもり。
ななもり。
ふふっ、そっか…
ようこそ、生徒会へ。
部屋の中へ入っていくと…そこは。
とにかくとんでもない場所だった。
どのくらいかというと…このくらい←

まぁ、次から詳しく説明していこうと思う。