無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

最強タッグ?最凶タッグ?
るぅと
るぅと
ねぇ、僕は見回り組がいいです
莉犬くん
莉犬くん
俺と行くの嫌なの?←
るぅと
るぅと
違います!
単純に興味があるんですよ
突如、見回り組に入りたいと言い始めた。
まぁ、るぅとは強いから文句はないんだけど…
ななもり。
ななもり。
じゃあ俺が莉犬くんとね
莉犬くん
莉犬くん
はーい
さところコンビはもう何処かへ向かった…
となると、る・ジ・私になるのか?
…うわぁ、ヤダヤダ。
ジェル
ジェル
なぁ、俺の破滅ルートが
見えるんやけど?死亡フラグがあちこちに見えるんやけど??
あなた

安心しろ、私もだよ←

ジェル
ジェル
逆に安心できへん!!
なーくん!戻ってきて!!
ななもり。
ななもり。
頑張ってね~
莉犬くん
莉犬くん
ばいばーい
ジェル
ジェル
莉犬ぅぅぅ!!
ジェルの悲痛な叫びが響く。
うるせーよとセンセイは耳をおさえている。
大久保センセイ
大久保センセイ
とりあえずで早く行ってこいよ
あなた

そうするわ…センセ、葬式は任せた

大久保センセイ
大久保センセイ
おうよ。そんときはあなたも
ついでにミイラにしてやる。
包帯を持ったまま言うな。
妙に怖さが残るんだよそれ。

なんやかんやで行くことになった。
るぅと
るぅと
ここのカーブミラーもですね。
なにかで一点を殴られて、ヒビが入ってます。
あなた

…こんなのが出来るとしたら、
バットで殴るか、それこそビール瓶とか…

チラリとるぅとを見やる。
真っ黒な笑顔で私のことを見ていた。

お前は、そういう思わせぶりなことするから疑われるんだよ!!
ジェル
ジェル
バット…ねぇ。
あなた?
あなた

なんでだよ

やってねぇって話でまとまったじゃん。
ジェル
ジェル
じゃあるぅと…
でも、なさそうだしなー
おいるぅと。
だからその笑顔やめろって言ってんだ。
多分ジェルは冗談で言ったんだぞ?
ガチで受け取ってガチな対応すんな。
るぅと
るぅと
うちの生徒が多く通る通学路のカーブミラーばかりですね…
あなた

四枚中三枚はそれにあたるな。

誰かがそれで事故ったら大変だな。
早めに市に連絡しないとだ。

すると。
おい。アイツ、ここいらじゃ
有名なあなたじゃねーのか?
ピクリ。
私の地獄耳が反応する。

推定で10メートルは離れてるか…
うお、マジかよ!
こんな時間から姿が拝めるとはなァ…ケケっ、ラッキーだぜ。
るぅと
るぅと
…あなた、知り合いですか?
コソッとるぅとが耳打ちしてくる。
どうやらジェルにも聞こえたようで…
ジェル
ジェル
アイツ、金属バットもっとるで!!アイツやないの犯人!!
あなた

可能性は高いな…

一人は坊主頭の隻眼(片目が潰れている)。
もう一人は金属バット持ちのイカつい奴だ。
チンピラ
おい、そこの女!
あなた

おーおー、真っ昼間から喧嘩かァ?

チンピラ
そうに決まってんだろ!
あなたのこと殺ったら…俺も頭に認めてもらえる!!
るぅと
るぅと
とうとうあなたの首には懸賞金
でもかかったんですか?
ビール瓶を取り出しながら呆れて言う。
あなた

知るかよ

チンピラ
そこの坊ちゃんも俺とやるか?
人数が沢山いるからなァ…おい
チッ…マズったか。
男が声をかけると影から五、六人出てきた。
ジェルとるぅとがいてもちょいとキツいか…
ジェル
ジェル
おーおー、よくわからんけど
倒せばいいやんな?
余裕そうに腕まくりをするジェル。
意外と慣れてんのかな??
チンピラ
なめやがって…クソっ!
やっちまえ!!
あのチンピラの一言で、一斉にヤツらが襲いかかってきた。
さて…役に立ってくれるかな?