無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

_憧れからライバル_
次の日の朝
自分
自分
んんっ…【起きる】
起きたら3人とも裸。

そりゃそうだ。昨日ヤったもんね。

それは良いとして(?)だよ。

裸な上に2人から抱き枕にされてるんだよね‪。
自分
自分
ちょっとそら、えいちゃん、離してー。
2人
Zzz
あーダメだこれ。
自分
自分
2人ともー!
エイジ
エイジ
んっ…?どしたの…【起きる】
そらちぃ
そらちぃ
あなたー…【起きる】
自分
自分
離してもらえないかな?‪w
そらちぃ
そらちぃ
えーやだ。
エイジ
エイジ
俺も離さない。
自分
自分
服着たいんだけどー。てか今日まほっちゃん来るんでしょ!?マジ楽しみなの!
エイジ
エイジ
あ、ほんと!マホトさんが来るじゃん!
そらちぃ
そらちぃ
そーだったー。
自分
自分
ね、ほら、起きよ?
そらちぃ
そらちぃ
仕方ないなー。【起き上がって座る】
エイジ
エイジ
【起き上がって座る】
自分
自分
よし!【服着る】
そらちぃ
そらちぃ
あー、もっとあなたの綺麗な体見たかったなー。
自分
自分
バカ。そらの変態っ!
エイジ
エイジ
ほんとだよね‪w【着ながら】
自分
自分
一般より人一倍変態だよほんと!
そらちぃ
そらちぃ
綺麗な体してるからしょうがないじゃん【ハグ】
自分
自分
ちょっと!//
せめて服着てよ!
そらちぃ
そらちぃ
なに、ちょっと照れてんじゃん‪w
はーい、着ますよ。【下だけ履いてハグ】
自分
自分
ハグしたいならバックにして?
不便だから‪!
そらちぃ
そらちぃ
はいはーい【バックハグ】
自分
自分
(うぅ、そらの肌が……)
エイジ
エイジ
ほんとあなたのこと好きだよね。まあ気持ちは負けねぇけど。
そらちぃ
そらちぃ
そうだ、それで結局どっちなの?
自分
自分
付き合う付き合わないとかは別だよ?
そらちぃ
そらちぃ
えー、まあうん。
自分
自分
そらかな…
エイジ
エイジ
やっぱそうだよな。わかってたわ‪w
自分
自分
【えいちゃんにハグ】
エイジ
エイジ
あなた…?
自分
自分
えいちゃんが嫌いなわけじゃ全くないから…ね?大好きだからさ…無理に笑わないでよ?
エイジ
エイジ
あなた…【ハグ】
ありがとう。大好きだ。ほんとに大好き。【Kiss】
自分
自分
ん、ありがとう。(てかそらが静かだけどどしたんだろ…)【そらを見る】
そらちぃ
そらちぃ
【顔真っ赤で固まってる】
自分
自分
そら?
エイジ
エイジ
あ、めっちゃ照れてるやつだ
そらちぃ
そらちぃ
だって…だって…はっきり改めて言ってもらったら余計…テンション上がる…///
自分
自分
デレデレな時と意地悪な時と照れる時とあるよねそらって‪w
そらちぃ
そらちぃ
あなた…俺t…
ピンポーン
自分
自分
ん?
そらちぃ
そらちぃ
いや、なんもない。
てか親方だよねこれ!
こんな早く来るとか言ってたっけな‪w
自分
自分
予想以上に早い‪w
私行ってくるね!早く会いたいし!
エイジ
エイジ
あ、よろしく!
自分
自分
うん!
ガチャッ
自分
自分
(まだりっくんもみっくんも起きてないな…)
自分
自分
【モニターを見る】
(マジでまほっちゃんいる…!!)
ピッ
コンコン
自分
自分
は、はーい(ドキドキする…!)
マホト
マホト
(女の声?…あ、あの拾った子かな。)
ガチャッ
自分
自分
!(やばい!まほっちゃんだよ…!)
マホト
マホト
(え、待って、可愛すぎん?)
あ、おはよう!
自分
自分
お、おはよう…ございます…!
マホト
マホト
拾って来たって言ってた子だよね?
そらちぃ
そらちぃ
そーですっ!
マホト
マホト
お!来た‪w
可愛いなこの子
自分
自分
えっ…?//(そんなこと…言われていいのかな?‪w)
マホト
マホト
照れてるっ!‪w可愛いー‪w
自分
自分
///
そらちぃ
そらちぃ
あんまあなたからかわないで‪あげてくださいよー‪w
マホト
マホト
あーごめんね?‪w
てかそら達と同い年っしょ?
自分
自分
はい!
マホト
マホト
めっちゃ大人っぽくね?
そらちぃ
そらちぃ
そーなんすよね。
めっちゃ魅力的なんですよねーw
自分
自分
もーそらさっきから変態なことばっか言ってる!
マホト
マホト
お前もからかってんじゃん‪w(怒った時まで可愛いってどゆことよ。)
そらちぃ
そらちぃ
いやーホントのこと言ってるだけなのになぁ…
自分
自分
うるさいですよそらちぃくん?
そらちぃ
そらちぃ
は、はーい。
マホト
マホト
(やべぇ…初対面の女って俺苦手なはずなのに…)
そらちぃ
そらちぃ
とりあえず中入りましょ!
マホト
マホト
うん、お邪魔しまーす
リビング


(席)

そら マホト You
自分
自分
マホト…さん?なんかいりますか?
マホト
マホト
んや、大丈夫!
あ、敬語でいいよ!俺のことはマホトかまほっちゃんって呼んで!
自分
自分
わかり…わかった!【座る】
マホト
マホト
おう…///
そらちぃ
そらちぃ
あれ、親方珍しいっすね。初対面の女の子と仲良くって。【座る】
マホト
マホト
なーに、嫉妬?‪w
そらちぃ
そらちぃ
そーですよ…いつもあなたは冷たいのに…
自分
自分
冷たくないもん!
そらちぃ
そらちぃ
冷たいもん!俺がキスしたいって言ってもしてくれないし!
自分
自分
だってそらは特別初日あれじゃん!
そらちぃ
そらちぃ
でもしたいの!
自分
自分
別にしたくない訳じゃないけど恥ずかしいんだよ!///
そらちぃ
そらちぃ
(え、なに、可愛すぎだろ)え…?
自分
自分
だから、さっきも言ったじゃん!そらがアバの中では1番なの!///
そらちぃ
そらちぃ
っ…///
マホト
マホト
ほらほらイチャついちゃってー
自分
自分
あ、ごめん‪w
てかイチャついてないよ!‪w
付き合ってもないのに‪w
マホト
マホト
え、付き合ってねぇの!?
自分
自分
うん?そーだよ?‪w
そらちぃ
そらちぃ
ま、まあ…。
マホト
マホト
そんな落ち込むなってそら‪w
自分
自分
落ち込むことある?‪w
マホト
マホト
まあこれは俺らしかわかんないあれだな!(俺もだけどさ。)
そらちぃ
そらちぃ
うん…そうっすね。
自分
自分
なんでそんな落ち込むの?そんなのそらじゃない!【そらの顔を触る】
そらちぃ
そらちぃ
っ…///
やめろ…今は…//
自分
自分
ん?なんで?
顔真っ赤だけどどしたの?‪w
そらちぃ
そらちぃ
理性耐えらんなくなるから!///
自分
自分
もう‪w可愛いなー‪w【手を離す】
そらちぃ
そらちぃ
…///
マホト
マホト
ねー話聞いてて思ったんだけど初日あれってさ、ヤったってこと?
2人
えっ…?
マホト
マホト
(当たりか…)
そーなんだ、ヤったんだね‪w
自分
自分
っ…どーだろね…
マホト
マホト
いや絶対ヤったんじゃん‪w
いいよ隠さなくて‪w
誰にも言わないから!
そらちぃ
そらちぃ
ごめん…ヤりました…。
マホト
マホト
なんで謝んだよ‪w
じゃあ今日の夜俺シていい?2泊するし。
2人
えっ!?
マホト
マホト
【そらの耳元で】俺、あなたのこと好きかもしんねぇわ。
そらちぃ
そらちぃ
【マホトの耳元で】だと思いましたよ。
マホト
マホト
【そらの耳元で】男の戦いやるか。
そらちぃ
そらちぃ
【マホトの耳元で】望むところっす。
自分
自分
2人とも何話してるの?
マホト
マホト
ん?なんでもないよー‪(ニコッ)
自分
自分
そう?///
マホト
マホト
うん!で、いい?今日俺とシても
自分
自分
え…(うんともいやとも言えない…)
そんなの…聞かないで…よ…///
マホト
マホト
かわいっ‪w
じゃあ俺に任せろ。ちゃーんとしてあげるからさ
自分
自分
うん…//(始まりをってことかな‪w)
そらちぃ
そらちぃ
あーあー。ちょっと気分転換にコンビニ行ってきまーす。
マホト
マホト
おー‪wいってらー
エイジ
エイジ
俺も!
マホト
マホト
お!エイジ!おはよ!
エイジ
エイジ
マホトさん!おはようございまーす!ってことで行ってきます!
2人
いってらっ!
ガチャッ
自分
自分
(いやまてまて。いってらっしゃいは良いけど…りっくんとみっくんが起きない限りこの状況は緊張…)
マホト
マホト
ね、あなた。
自分
自分
ん?【マホトの方に向く】
マホト
マホト
【ハグ】
自分
自分
わっ!?(めっちゃいい匂い…)
マホト
マホト
ほんとにそらと付き合ってねぇの?
自分
自分
え?うん…そうだよ
マホト
マホト
好きでもないの?
自分
自分
…それは…わかんない…
マホト
マホト
そっか。ねぇ、俺にも勝ち目ってあんのかな。
自分
自分
えっ?
マホト
マホト
俺のこと…好き?
自分
自分
す、好き…だけど…
マホト
マホト
ほんとはそらのが好きなんでしょ?
自分
自分
わかんない…わかんないんだよね…
マホト
マホト
じゃあもし俺が告ったら…あなたはどうする?
自分
自分
えっ…
ガチャッ
ツリメ
ツリメ
おはよー…ってマホトさん!?来るの早ってか、何してるんすか!?
マホト
マホト
なにってあなたとイチャイチャしてんの!‪w
ツリメ
ツリメ
いやいや!俺のあなたちゃんですから!
自分
自分
みっくんおはよー
ツリメ
ツリメ
お、おはよ!ね、あなたちゃん!?
自分
自分
ん?‪w
ツリメ
ツリメ
なんでそんな平気なの!?
リクヲ
リクヲ
んー。あ、マホトさんおはようございます。
マホト
マホト
お!おはよ!
自分
自分
りっくんおはよ!
リクヲ
リクヲ
あなたちゃんおはよー
自分
自分
眠そうだね‪w
てかまほっちゃんそろそろ離して‪?‪w
マホト
マホト
やだー【強くハグ】
ツリメ
ツリメ
マホトさん!俺のあなたちゃんなんですから!横取りしないでくださいよ!
マホト
マホト
横取りなんてしてねぇよ‪w
ただあなたのことが好きなだけ。