第54話

出来ない自分




次の日のダンス練習





昨日練習したところは完璧だ。でも……










JM「ヌナ振り付け違うよ」







終盤の方はまだ覚えきれていないからまた間違えてしまった







ピリピリとした空気感が漂う







私のせいだ、私がもっと容量が良かったら迷惑はかけずに済んだのに







ぎゅっと唇を噛む














JN「そんなに噛んだらダメだよ」




休憩中、さっきまでゼェゼェ言っていたジンオッパが声をかけてきた




JN「何かあったの?」







眉を下げて優しそうに顔をのぞかせるオッパ






『……えっ、と』







開きかけた口を止める







ジンオッパに何を言うの?







私がただ覚えが悪いからいけないんだ








ここでオッパにそんなこと言ってもまた迷惑をかけるだけだ

























『……なんでもないよ。』














ごめん、オッパ。


これは私だけの問題だから