第57話

出来ない自分





『……え?』








JK「俺にはヌナを頼ってっていうくせに自分は俺を頼ってくれないの?」





『……それは、』







JK「俺が弟だから?頼りないって?」







『そんなこと、』







JK「俺、もう辛いよ。ヌナが1人で苦しい思いしてるの見るの」






『ジョングク……』







JK「練習生の頃、今みたいにヌナは自分をどんどん追い込んで結果的に倒れて病院運ばれたでしょ?」






JK「あの時、どうして俺ヌナのこと気づけなかったんだろうってすげぇ自分のこと責めた」






『え、』








JK「……だから、同じことが起きないように俺はヌナに頼って欲しい。もう昔みたいに人見知りで弱っちいジョングクじゃないよ」






『……人見知りは今も治ってないよね?』





JK「やー!なんで言うの!」





『ふふっ、ありがとうジョングク。』






JK「ん。いーよ。」














『ヌナ、沢山頼るね』












正直驚いた。





あのジョングクがこんなに逞しくなっていたなんて。








こんな事でクヨクヨしてる自分が馬鹿らしくなってきた








___


________




_____


















『で、いつになったら体離してくれるの?』






JK「んー。まだこのままでいたい」