前の話
一覧へ
次の話

第1話

~






宿舎のリビングでみんなとライブを見ています

















YG「あなたの顔酷いなㅎㅎ」



『はっ!?黙れジジイ!』



JK「あーあ、可愛い子入ってきてくれないかな〜」



『ジョングク?私いるでしょ♡』



JK「ヌナは論外です」



『ジミナぁ、、マンネが虐めてくるよぉ…』



JM「うわっ、ちょ、ヌナ抱きつかないでください。ヌナ香水臭いんだから。」



『え、なにそれ。香水なんてつけてないけど。』



NJ「ヌナ、それは体臭がって事ですよ」




『、、はっ!?うっざ』




YG「ちょっとお前うるせーよ。ライブ見てんだろ」




『……』




HS「ヌナ、うるさい」





『え!?今ずっと黙ってたでしょ?喋ってなんかないんだけど?』






TH「顔がうるさいんですよ〜ㅎㅎ」





『はぁ、もうほんとにあんた達はヌナをなんだと思ってんの』











こんな感じでみんなは私の扱いが雑なんです


でもそれは彼らなりの愛情表現。


もちろんarmy達もこんな扱いをしてくる





まぁ、俗に言う“いじられキャラ”って感じ






ただ、1人だけ特別扱いしてくれる人がいる






『ねぇオッパ〜、助けてくださいよー。こいつら虐めてくるー』



JN「あひゃひゃひゃ、あなたはみんなから愛されてるなぁ〜ㅎ」








ジンオッパだけは私をちゃんと女の子として見てくれる。

まあたまにみんなと一緒になっていじってくるけど←





こんな酷いこと言ってくる人達だけど

素直に好きって言えないツンデレ野郎達が私は大好きなんです(((














next☞