第7話

~




TH side






僕はあなたヌナが大好きだ


今まで何回かアプローチしてるけど全然僕の気持ちに気づいてくれない



この前だって、僕が急に頬にポッポしたら






『んー?どうしたのテヒョナ、ポッポ出来るようになったんだね〜ㅎ』




って。






ポッポなんて当たり前にできるし


寧ろキスなんて簡単に出来るんだからね?








ヌナは僕を子供としか見てない





















それが嫌だ




だからその時は




「ヌナ、顔がうざいです」





ヌナにそう言い放った



ちょっとムカついたから。



きっとこういう所が子供なんだなってつくづく思う








『あぁーーー、顔面国宝に言われたら言い返せないいいいい』














イラついてクッションをバンバン叩いてるヌナの姿ですら愛おしくなる