第58話

出来ない自分






『……さっきはごめんね』







マネオッパの車へ向かう途中、ジョングクにさっき怒鳴ってしまったことの謝罪をする






JK「んー。まあ正直ビックリしました」




『……だよね』







JK「でも、なんか昔を思い出しました」




『え?』




JK「ほら。ヌナ、昔よく僕の面倒見てくれてたから説教とか日常茶飯事だったというか」



『ふはっ、そんなこともあったね』




JK「ヌナと俺は完璧主義だから無理しすぎるの気をつけましょうね」






目尻に皺を寄せてニコッと笑う彼はどこか大人びていた





































少しドキッとしたことは黙っておこう