第22話

~






『え、、あ、た、ただいま。?』










そう言った途端みんな私に抱きついてきた







『うぅ……苦し、、っ』




NJ「ヌナぁああ!!!!」



JK「あなたヌナ、、会いたかったです…」



JM「ヌナ……っ!」



HS「……寂しかったです、」



YG「お前、、マジで心配したんだからな…」



TH「ぬな、、っ」



JN「おかえりあなた」












『う、嬉しいけど……っ、とりあえず、っ…離してっ、、、』









みんなが私から離れた途端、マンネ3人が土下座をしてきた




TH「ヌナ、ごめんなさい」

JM「ごめんなさい」

JK「ごめんなさい」



『……顔上げて?そんな顔しないでよ。せっかくのお顔が台無しだよ』


JM「ヌナ、、っ」


『この私が死ぬとでも思った?そんな簡単に死ぬような人間じゃないよ私は』





私は3人を抱き締めた





『私を思ってやった事でしょ?3人が理由もなくそんな事する人だとは思ってないから』





3人は私の腕の中で涙を流した




















___
__
_










JN「よし!今日は飲もう!!」


『いぇーーい!』


NJ「ヒョン!ヌナ!明日はまだ撮影があるんですから。明日飲みましょうよ」


『あれ、、そうだったっけ』








あれ……飲む、、

















なんか、忘れてる気がする























ヒョン……






































『ヒョンシクオッパ!!!!!!!!』























ヒョンシクオッパとの飲み忘れてました