無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

#4
プープープープー





お母さん:ついたわよー








あなた:おけっ!
ありがと!








お母さん:これからがんばってね!










あなた:うん!








一瞬作者とおります
初めてsideを使わせてもらいます!
本編にもどります!






あなたside




きたもののどうすればいいんだろう





?:ファンの子?




え?また私?


あなた:ちがいます!
今日からジャニーズ事務所に
入ります、星川あなたで
す!






?:あー、言ってた子か
一緒に行こうか







あなた:ありがとうございます!

なんとかなってよかった^^*






あなた:あの、お名前なんて言うんで
すか?







永瀬:あー、俺はKing&Princeの永瀬
廉っていう名前やで




あなた:そうなんですね!
ありがとうございます!







永瀬:というかあなたちゃんやっけ?
事務所内で今ちょー有名やで〜






あなた:え?!なんでですか?






ちょっとまって


普通にやばくない?


こんな顔面偏差値高い人達から




有名なんて





やっぱ美人はちがうな〜


はいすいません。ちょうしのりました

さーせんっ!ちゃんと謝れByお母さん



て、なんやかんやら1人で言ってたらついてました(๑>ᴗ<๑)






永瀬:ここがジャニーさんの部屋やで!





あなた:ありがとうございました!






永瀬:えーで、いつでも頼ってなー







あなた:ほんとにありがとございま
す!







とりあえずノックすればいいんだよね




コンコンコンコン



あなた:失礼します!






ジャニーさん:あぁ、Youか






あなた:これからどうすればいいです
か?




ジャニーさん:まずYouの名前を教えて
もらってもいいかい?







あなた:もちろんです!
星川あなたです!







ジャニーさん:星川くんか






あなた:はい!







ジャニーさん:じゃあYouには1ヶ月間
ジャニーズJrのグループ
を回ってくれ
それで、1番入りたいグ
ループに入ってくれ







あなた:分かりました!




ジャニーさん:じゃあ、明日からまたよ
ろしくな
これが私の連絡先だ
なにかあればここによろ
しくな








あなた:はい!
ありがとうございます!











ねくすと






あなたが入るグループなにがいいですか?
コメントよろしくお願いします!
















ねくすと