無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

115
2021/06/15

第3話

2
































長い沈黙と共に

















th.
th.
…は?



















というとても冷たいお返事を頂いた






















you.
you.
いっ、いや今のは忘れて!
you.
you.
じゃあね…!



























なんて私はあほなのなんだろう!!







あのテヒョンくんに…



























you.
you.
もう!私の바보!


















とぼそぼそ言いながら走って帰る






全校生徒の前で全裸になった気分だ、!(((((






























th.
th.
ちょ、ちょっと待って!!

















後ろから手を掴まれる






























th.
th.
せふれってあれだよね。。。
th.
th.
その…ね?



































流石にテヒョンくんに下ネタを言わせる訳にはいかない!!!







学校中の女子に〇されるーー!!(





















you.
you.
あ!やばい!用事があったんだ!
you.
you.
そろばんだーーー























高校三年生、そろばんなんかやったことのないばかが今、

とんでもねぇ嘘をつきました