無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

POTATO
淳太side


今日はPOTATOの撮影日



しげと神ちゃんと照史
俺と濵ちゃんと流星
望とあなた




そこは少し気にくわない、、、



『よろしくお願いまーす』



「あ、!淳太くん♡」


『あなたおはよ、』



神「あなたずっと寂しかったんよ?なぁ?」




「うん、♡」



望「あなた、俺と話ししてたのにぃ!!」


重「小瀧残念やなぁ笑笑」


「だってのんちゃんずっとスマホ覗いてくるんだもん、」



照「話やないやん笑笑」



''ジャニーズWESTさーん!お願いしまーす''


はーい



望「でも今日はあなたと一緒やねんなぁ?」



「うん、のんちゃんと2人なの、」


濵「めっちゃ不安そうやんけあなた笑笑」



「だってぇ、、、」



望「俺やと不安なん?」


流「当たり前やんなぁ?あなた?」



「淳太くんが、、良かったなぁって、、」



淳『え、、』




望「あなたー!!!!!」





照「嬉しいなぁ?淳太くん?」




淳『おぉ、おう』





今日もうちのお姫様は可愛いです😍