無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

802
2021/07/14

第2話

高 塚 大 夢 。

わたしには、

兄がおります。


お察しの通り、大夢ですね、はい。



まぁお仕事で

最近会えてないんだけど。。。



いつも朝、起きると

置き手紙があるんですね。


内容はくだらんけど、日によってちがう。


あたしは、返事書かんけどw




おっ?

今日は、早く帰るらしいぞ?



大夢「ただいま~」

「えっはや、」

大夢「またまたー、
    バグ待ちしてたくせに!」



ギュッ


「暑い。はなしてよ、」

大夢「えーやだ!!」

「にぃに、私そろそろ高3だよ?
  にぃにだってもう大人なんだから」

「シスコン卒業したら?」



母「そうよ、あなただってブラコン
   卒業しなさい、」

大夢「そうだぞ!」



いやお前に言われた無いわ。



母「わざわざ大夢の、Tシャツ抱きながら
  寝なくてもいいのに、」


「まま!!!それは、言わない約束でしょ!」




あー、最悪。

大夢「あら、可愛いね~❤️」


(頭でなで)


「ぁーーーキモい~」

大夢「ほら、可愛い可愛いあなたちゃん、
    キモいとか言わないの、」




「はいはい、」





とある

シスコンの兄と

ブラコンの妹の

日常でした。

➰➰➰➰➰➰➰➰➰➰➰➰➰➰➰➰

いかがでしたか?

リクエストありがとござます!!!


リクエストまってます!