無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

598
2021/08/10

第26話

藤 牧 京 介 。







はぁ、










只今絶賛喧嘩中。
















飼い犬の散歩をどっちが行くか。


















何でこんなことで喧嘩してんだろ。
















しかも、あと三時間で、京介の誕生日。

















私が一番最初に祝うって決めてるのに、



















出来そうにないよ…



















「…」


京介「…」


「明日、飲み会で帰り遅くなる」


京介「ん…」















何この空気。

本当にカップルかよかて、
















「…はぁ!」


京介「っ??」











ガチャ






京介「は?」


「出てくる、」





ガチャ















辛いのあまり、外に出てきてしまった。



















場所は

















初めての私達が出逢った、公園。

















3月の夜は、少し肌寒い。


















時計を見ると…
















「あと、2分…」

















だんだんと迫ってくる京介の誕生日。


















「ろく、」



































ギュッ






「えっっ」











京介「ごめん、」































いち。




「おめでとう!」
















京介「うん(泣)」















「何で泣くのっ」
















京介「あなたも泣いてる(笑)」















「あっ(笑)」















チュッ






「っ///」
















「来年も一番に祝えよ?(笑)」
















「もちろん///」



















京介、幸せな一年を