無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,102
2018/05/13

第11話

カトク
学校に着くと、
ユンギさんからのカトクが来ていた。


---とーく---------------------------------------------------




ユンギ
学校ついた?
あなた

はい!着きましたよ!

ユンギ
そうか。
あなた

何か用でもあるんですか?

ユンギ
別に何も。
あなた

そうですか

---------------------------------------------------------------
たったこれだけの会話。




まだ出会って3日だけど、距離が近づいた気がする。
なみ
あなた!あのイケメンさんと仲良くしてるの??
スマホの画面を覗き込んでくる。



私はとっさに隠した。
あなた

う、うん!まぁね!

なみ
お?これは、脈ありですな!、
あなた

何言ってるの!!無いよ!!

なみ
でもさ、あなたがカトク交換するくらい仲良くなるのってその人くらいじゃないの?
あなた

そんなことないよ!!するがも交換したよ!!

なみ
あ、そうだわ、
でもさ!!年上だよね!?え!?
あなた

歳、、わかんないや、

なみ
えぇ!?職業は?
あなた

わかんない。

なみ
知らないことだらけだね!!
よし、本人に聞いて来るの明日までの宿題ね!
さ!さっさと帰った帰った!!
かなり強引に背中を押され、
教室をあとにする。




たしかにユンギさんのこと全然しらないや。