プリ小説

第24話

パーティー
テテ
あー!あなたー!
ジミン
HPみたよ!、すごいね!
あなた

ありがとう!

ナムジュン
きっと売れるよ
ジン
うんうん!これからが楽しみだね!!

みんながこんなに言ってくれると、
照れるな


すると、じっと視線を感じると、
その先にはユンギさん。

めっちゃ睨んでる、、、。
ほび
頑張ってね!応援してる!!
すると、ぐっと腕を引かれ、
抱き寄せられる。
ユンギ
帰る
あなた

わ、ちょ、ユンギさん!!!




周りに見せつけるかのように、
私の腰に手を回し、
パーティー会場を出た。



車に乗ると、ユンギさんが大きなため息を吐く。
ユンギ
あのさ、他の男にヘラヘラしすぎ。
あなた

え?

ユンギ
無自覚なわけ?
ムカつくわ


気付いた時には遅くて、

ユンギさんとの距離が縮まる。

キスされると思って、
目を瞑ると。


何も起こらなかった。
ユンギ
なに、期待してんの?
いやらしくニヤッと笑う。
あなた

してません!!!

ユンギ
へぇー。そーいうこというんだ?
あなた

え?

ユンギ
じゃあ、もう、俺からキスしない
あなた

え!?嫌です!!!

ものすごい速さで返事をしてしまった。
ユンギ
じゃあ、おねだりが必要だよね?
あなた

お、おねだり、、?

ユンギ
そう、おねだり


嫌な予感。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ちょろろろ
ちょろろろ
You got the best of me........*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・* Thank you
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る