無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,111
2018/05/13

第10話

気づく
AM5:00
起床

今日も朝ごはんをつくる。


すると、私が作り始める頃にユンギさんが起きてきた。
ユンギ
おはよ
あなた

おはようございます

まだ眠たそうに目をこするユンギさん。
あなた

今日は早いんでしたっけ?

ユンギ
いや、別に

そう言って、私の作っているご飯を眺める。
あなた

どうしたんですか?

ユンギ
んー、なにも。
不思議だなと思い、じっとユンギさんを見ていると、
ユンギ
あ?なんだよ。
あなた

なんとなく見たくなったので。

ユンギ
は?いみわかんねーし
くるっと。背を向けられてしまう。




なんでだろうね、ユンギさん嫌いにはなれないよ。
あなた

じゃあ、私そろそろ学校行きますね、

ユンギ
待て

私の腕を掴んできた。
ユンギ
カトク
そういって、スマホを差し出して来る。
あなた

交換ですか?いいですよ

さっと交換を済ませ、ユンギさんは満足したかのように、手を振る。
あなた

ふふ。行ってきます



とにかく、ユンギさんについてわかったことは、



ほんとは優しいってこと。