無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,160
2018/05/15

第15話

ばふん


緊張が解け、ベットに崩れ落ちた。
あなた

はぁ

ユンギさんに触れられていたところが熱い。






久しぶりのこの感じ。
あなた

恋しちゃったかも、、、


考えてみれば、
ユンギさんは一目惚れだったのかもしれない。



あんな簡単についてくるか?なんて言われて普通はついていかない。



でも、私はこの人ならと思ってついてきた。




もう、あの時には惹かれてたんだな、、、。
あなた

うわぁ、自分気持ち悪い

簡単に男について行く女、

そう思うと気持ち悪く感じた。





あなた

ねぇ、ユンギさん、、、。
なんで、私を拾ってくれたの?

ユンギさんのいない部屋で一人呟く。



ユンギさんはきっと、
沢山の女の人に囲まれてきたはず。






子供っぽい私なんか見てくれないよね、、、。







もやもやしながら、私は眠りにつくのだった。