無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,204
2018/05/12

第5話

AM5:00
起床



この家で初めて迎える朝。
初めて誰かのために作るご飯。
あなた

これは、おいしいかもしれない。

ユンギさんは食べてくれるだろうか、、、。
ユンギ
おはよ
そう言って、席に着く。
無言で箸を取り、食べ始める。
あなた

どうですか?

ユンギ
だめ。
あなた

えっ。

ユンギ
敬語
あなた

あ。ど、どう?

ユンギ
うまい。弁当もよろしく。
あなた

はい!

良かった。満足までとは言ってなさそうだけど、良かったー!!!


ユンギさんと自分の弁当を作り終え、
自分の支度をし始めた。


あなた

ユンギさん、そろそろ私行きます。

ユンギ
そ、てか、敬語直んねーな。
まぁ、いっか。
敬語許された?


じゃあ、敬語で生きていこう←
あなた

行ってきます

ユンギ
そっけない一文字。