無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第9話

第9話 アイドル
あなたside
隼
まぁまぁ、まずは僕らのお仕事の説明が先じゃない?
海
そ、そうだな!
夜
知っておかないとこの先不便ですしね。
大
あぁ、そうだな。
大
今日は、22時まで何もないからな。
陽
お、ラッキー!
郁
じゃあ、あなたちゃんの歓迎パーティーしましょうよ!
涙
僕も、したい。
海
お、いいなそれ!
夜
僕もいいと思います。
陽
俺も、さんせー。
隼
じゃあ今日は、グラビも誘って、あなたちゃんの歓迎パーティーをしようか。
Procellarum
おー!(隼以外)
あなた

………

なんだか勝手に話が進んでるのと、また話題がそれてる…
あなた

…結局隼兄達のお仕事はなんなの?

海
あ、あぁそうだった。
隼
僕達のお仕事はね…
Procellarum
アイドルだよ。
アイ…ドル。
あなた

…へぇー、そうなんだ。

陽
…なんか反応薄くないか?
郁
確かに…
あなた

い、いや、凄いと思う…!

…実は私には、まだみんなに言っていない秘密がある。それは…
「振り付け師」
頼まれた曲の振り付けを考えて動画で送るという「仕事」だ。

動画ではお面を付けているので、身バレすることは、まず無い。もちろん、中学生だということも。


主に仕事を受けるのは…

「ツキノ芸能プロダクション」

という、芸能プロダクション。


アイドル業界では、結構有名らしい。


私は、曲を聞いてダンスを考えるだけなので、どんなアイドルが踊るのかは、あまり調べない方だ。

とは言っても、全く調べないわけじゃない。人数、イメージなど、振り付けを考えるのに必要なことは、調べる。
隼兄達のことを見た時、少し見覚えがある気がした。

…もしかすると、私は隼兄達の、振り付け師なのかもしれない…



このことは言うべきだろうか…
あなた

………

涙
?…どうしたの?
あなた

…ん?い、いや、なんでもないよ。

涙
そう…?ならいいけど。
あなた

うん…。

『ピロンッ』
海
?誰の携帯だ?
あなた

…あっ、私のだ。

郁
えっ!スマホ持ってたんだ!
陽
じゃあさ、LINE交換しようぜ!
あなた

うん。いいよ(*^^*)

Procellarum
(かわいい…///(+大))
あなた

…あっ、その前に誰から…

…ツキノ芸能プロダクションの社長、から?


「新曲の振り付けを頼む。」
あなた

………

海
ん?誰から…え?
私は海兄がスマホを覗いたのに気づかなかった。
あなた

…え?…あっ!

私は慌ててスマホを隠したけど…もう遅い。
海
…今の、どういう…
陽
なぁなぁ、誰からだったんだ?
海
………社長。
あっ…言うまでもなくバレた。
郁
…え?社長って、どこの…
海
…うちの。
涙
…うちって、ツキノ芸能プロダクションの?
海
…あぁ。
『ピッ』


…ん?今私なんか押しt…
『.•*¨*•.¸¸♬🎶•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♪』
あなた

…あ。

夜
…この曲って、
大
…確か、プロセラの新曲だよな…
郁
…けど、まだ発表してませんよね?
あなた

………えっと…

隼
…なるほど、ね。
あなた

…あ!ちょっ…!

隼兄は、私のスマホを取り文章を読むと、

「なるほど、ね」

といった。



もう、完全にバレた…
____________________
咲-Saki-
咲-Saki-
いやいや、ヒロインまだスキルついてたのかよ。
新
あなた、恐るべし。
陽
いやいやあなた何者だよ!
咲-Saki-
咲-Saki-
勉強に関する検定は全て1級で、柔道、空手、合気道の実力が世界一で、グラビとプロセラの振り付け師だけど?
新
わーすごーい、惚れちゃうー(棒)
陽
はぁ、あなたがハイスペックすぎて怖くなってきた…
あなた

…私、怖い?

咲-Saki-
咲-Saki-
あなたちゃん!?
新
いつの間に。
陽
いや違うからな!別にあなたのことが本当に怖い訳じゃなくてだな…!
あなた

…?

咲-Saki-
咲-Saki-
まぁ、みんなあなたちゃんのことが大好きって事だよ!
新
d(*´Д`*)ゞソゥソゥ♪
陽
ま、まぁ、簡単に言えばそういう事だな…
あなた

そ、そっか…

咲-Saki-
咲-Saki-
                .   .   .   .  
みんながあなたちゃんのことを愛してることが分かったとこで、もうそろそろ終わろうか。
新
はーい。
陽
はぁ…(ツッコムことを諦めた)
咲-Saki-
咲-Saki-
じゃ、せーのっ!
新、陽
じゃーな!
咲-Saki-
咲-Saki-
じゃあね〜!
あなた

…じゃあね!///(照)

新、陽
(可愛い…)