前の話
一覧へ
次の話

第2話

僕のお姫様に
2,956
2018/05/28 12:05
ねえ君、僕のお姫様になって下さい。
私
…っえ……あ、そっ、その…
とと、突然すぎて…あの……
金色の髪。目と距離の近い眉。長い睫毛。くっきり二重の目。少し鷲鼻の鼻。ぽてっとした唇。綺麗な肌。

おとぎ話の王子様みたいな彼が、
何故 私なんかに話しかけているんだろう。
君が『嫌だ』って言っても、
僕は諦めないよ。
私
えっ…いいい、意味…意味が、
分からない…んですけど……
とにかく、君を僕のお姫様にします。
私
おおっ、おひ、お姫様なんて…
…わ、私なんかより適任な人にお願いして下さい……
何故 私なんかに、
『お姫様になって』なんて言うんだろう。

そもそも、お姫様って…なんだろう。
君しか、適任な人なんて居ないの。
ほら、付いてきて。
私
ちょ…ちょっ、
ちょっと待ってっ__
何故 こんな事になっちゃったんだろう…
__________

next