無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

よん
放課後
あなた

今日も一日疲れたなー

大野智
だねー。かえろ
あなた

うん

相葉雅紀
りーだーかーえろ!
二宮和也
相葉さん邪魔しないでください!
櫻井翔
もーほんとだよ
相葉雅紀
あ、ごめんごめん
あなた

ん?なんのこと?

大野智
うん。どーゆーこと?みんなでかえろー!
翔 雅紀 和也 潤
だめだこりゃ
あなた

大野智
階段
あなた

つかれたねーみんなは?((後ろ向く

大野智
つかれたよー
櫻井翔
もちろんつかれた。ってかあなた後ろ向いて階段降りたら危ないぞ
あなた

あーうん((むきなおろーとする

早く帰ろーぜー((あなたと肩がぶつかる
あなた

櫻井翔
おい!
ガシッ((腕を引っ張られ、抱き合う形に
大野智
大丈夫か?あなた
あなた

ごめんおーちゃんありがとう

おーちゃんかっこよ!
大野智
良かった無事で!
助けれてよかった
二宮和也
おい。お前らあぶねーだろーが
松本潤
周りよく見ろよ
す、すみませんでしたー!あなたさんもごめんなさい!
あなた

いや、私も危ないことしてたし!

((去っていく
相葉雅紀
大丈夫?あなた
あなた

うん!無事!

二宮和也
まさか、リーダーにあんな瞬発力があったなんてね
大野智
自分でもびっくりだよ!
あなた

ボソッ((おーちゃんかっこよすぎだって

櫻井翔
ボソッ((それ本人に言ってあげなよ
あなた

ボソッ((嫌だよキモって思われるもん

櫻井翔
はぁー
二人が両思いに気づくにはまだまだ時間がかかりそうです。