無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

きゅう
グラッ
あなた

パシッ((おーちゃんの手をつかむ

あなた

((おーちゃんといれかわる

ドンッ
大野智
おい!あなた大丈夫か?おい!
やっば((逃げる
あなた

おー、ちゃん試合前に怪我なくてよかった

大野智
それよりあなた頭から血が出てる
あなた

大丈夫だよ…ハァハァ

櫻井翔
ちょっと何事?ってあなた!
二宮和也
あなた!!
相葉雅紀
どーしたのこれ
大野智
それは後で話すから、先生呼んで!
松本潤
俺呼んでくる
先生呼ぶ
先生
救急車来たわよ!
大野智
あなたごめんごめん。まもれなくてごめん。
あなた

気にしないでハァハァ

救急車がいく
先生
一体何があったの?
櫻井翔
俺らにもきかせて
大野智
実は…
あったことを話す
松本潤
そんなことが…
相葉雅紀
大事な試合前だったからあなたも守りたかったんだろうな
大野智
ほんとは俺が守らないといけないのに
二宮和也
あなたは必死にリーダー守ったんだからそんなこと言うなって
しばらくして
あなた

ただいまかえりましたー

相葉雅紀
あなた!ってその足と手!
あなた

あはは。骨折だってさ

大野智
あなたほんとごめん!頭も怪我してるし!俺のせいで
あなた

おーちゃんのせいじゃないよ!私がしたかったからしただけ!謝んないで!試合頑張ってよね

大野智
うん。ありがとう!
二宮和也
しばらくあなた車椅子か
あなた

まー松葉杖もつけないからね

櫻井翔
しかも利き腕怪我するなんて
松本潤
俺らがやれることはしてやるから遠慮なく言えよな
あなた

ありがとう!

先生
無事でよかったよ!あの生徒には、きちんと指導しとくからな
二宮和也
絶対だぞ。先生
あなた

目が怖いからやめてよにの

大野智
それだけ心配してるんだ
相葉雅紀
クラスのみんなも心配してたしはやくもどろ
次の日
あなたーーー!えーーー!車椅子じゃん!ほんとに大丈夫なの?
あなた

大丈夫だよ!心配してくれてありがとう!

いいのいいの!
ホント無事で良かったよ
あなた

心配かけてごめんね

全然///
二宮和也
これからこいつ大変だから
相葉雅紀
困ってたら
櫻井翔
色々手伝ってあげてくれ!
俺らから頼む!
も、もちろん!!
は、はい///
あなた

5人に囲まれると目立つからやめてよねー

二宮和也
うるせーあるけねーんだから、おとなしくいうこときいとけ
あなた

うるさい!!

櫻井翔
まーまー、喧嘩しないでよね
あなた

おーちゃん

大野智
ん?なに?
あなた

そんな暗い顔しないでよ

大野智
だって
松本潤
そーだよリーダーせっかくあなたがかばったのに体調悪いみたいなさー
ん?かばったってどうゆうことだ?
松本潤
あっ
相葉雅紀
もーだめじゃん松潤おーちゃんが、階段から落とされそうになって、それをあなたがかばったなんていったら!
二宮和也
ちょっとあいばか!
相葉雅紀
ばかってゆーな!ってあ
どーゆーことかおしえてもらおーか!
ごめんなさーい
あなた

ごめんなさーい

こうしてクラスのみんなに激心配されて、おーちゃんのこと押した生徒はここに居づらくなって転校したみたい
しかもあなたのこと殴るなんてさいてー!
松本潤
はぁ?それ今聞いたんだけど
あなた

あー、忘れてた

櫻井翔
ばか!
あなた

ごめん!

大野智
ごめん!
散々心配され散々怒られる日でした!