無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

じゅうはち
少しさかのぼる
櫻井翔
今日もみんな告られてたんだ
二宮和也
モテる男は辛いですねーw
松本潤
ほんと辛いww
相葉雅紀
ってかあなたは?
大野智
あなたも、告られてんじゃない?
なんか、男の子二人に呼ばれてたよ!
二宮和也
まじか、モテモテだな
櫻井翔
ってか教えてくれてありがとう!
大野智
ちょっと俺探してくる
松本潤
って、え?
相葉雅紀
足速ww
二宮和也
俺らも暇だし探すか!
櫻井翔
そーだな
みんなで探し出す
……………
あなた

………………

大野智
ん?なんか声が聞こえる?
あなた

誰か助けてー!

大野智
あなたの声
走る
大野智
((男二人とあなただ、
てめぇーふざけんな!((殴りかかる
あなた

んっ!

大野智
おい!
ボコッ
うっー
大野智
てめぇ俺のあなたに何してんだよ
あなた

え?

うるせー
大野智
おい、まだわかんねぇのか((にらむ
ひぇ、すすみませんでした!
逃げる
大野智
あなた大丈夫か?((手を差し伸べる
あなた

うん、おーちゃんのおかげで((手を掴んで立ち上がる

グイッ
あなた

ちょちょ、おーちゃん恥ずかしいよ

引っ張ってそのままハグしてた
大野智
あなた、俺さあなたの事
相葉雅紀
おーちゃん!あなた!いた!
二宮和也
あーもーほんとあいばかー!
相葉雅紀
だから馬鹿じゃないよ!
あなた

おーちゃん?私の事がなに?

大野智
いや、なんでもない
櫻井翔
もー相葉くん!
松本潤
相葉くん!
相葉雅紀
え?なに?俺なんかした?
翔 和也 潤
したよ!
相葉雅紀
えー
いい感じだったのにやっぱり天然な相葉くんにはわかんないみたいですw
大野智
俺、こんな強かったっけ?
ちょっとずつ気持ちに気づいているのか、いないのかよく分からないおーちゃんでした!