無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

にじゅうなな
お昼終わるー
櫻井翔
次何のろうか?
あなた

んー、どーする?ってわっ

ドンっ
すいません!!急いでるもので、
あなた

だ、だいじょうぶですよ??行ってください!

本当にすみません
大野智
あなた大丈夫か?
あなた

うん。((足捻ったかな…いたい

松本潤
足引きずってるけど??
あなた

ちょっと痛くてさ、あっ((倒れそうになる

バシッ
二宮和也
やっぱり大丈夫じゃないじゃん
あなた

大丈夫

大野智
だめだって、ムリしたら
あなた

無理してない

大野智
もー、しょうがねーな
お姫様抱っこする
あなた

え、ちょ、ちょ、恥ずかいよ///

櫻井翔
こーでもしないと、あなたは無理するからな
あなた

だ、だからって!

相葉雅紀
はいはい、あなたはお口チャック!
あなた

もー。((おーちゃんかっこ良すぎてやばい

椅子
大野智
((あなたを座らせる
松本潤
足見せて
あなた

はーい。

腫れてる
二宮和也
結構腫れてますね
櫻井翔
湿布でも買ってくるよ
松本潤
大丈夫。
相葉雅紀
いや!大丈夫じゃないよ!こんな腫れてるのに
松本潤
違うよ、買いに行かなくて大丈夫ってこと
櫻井翔
ってことはまさか
松本潤
俺持ってきてるから
大野智
やっぱ松潤すげーな
あなた

流石だね

手当終わる
松本潤
よし、じゃーしばらくお茶でもしながら話そう
あなた

ごめんね。せっかくの遊園地なのに

二宮和也
疲れてたからちょうどよかった
大野智
はー、眠いしね。
みんな私が気を使わないようにしてくれてるほんと優しいな
しばらくたって
あなた

もう痛くないよー

相葉雅紀
じゃー、最後に観覧車でも乗って帰ろ!













          ーつづくー






テスト期間中なのであまり投稿できないと思います😫🙏🙏