無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

🌱✨💫
長尾side
長尾謙杜
長尾謙杜
なんでやねんっ
俺は人生で初めて失恋した。
いつも自分が想われる側やったから、初めてこんな感情を味わった。
俺は、昔からモデルやってたし中学でジャニーズに入ったから正直恋愛とか興味なかったし恋愛しちゃあかんと思ってた。
でも、あなたに会った時一目惚れしてしまった。
一目惚れなんて絶対せいへんなんて思っとった自分がまさか一目惚れするなんて思ってもみいひんかった。
初めて会ったばかりの人なんて性格も分からへん名前も年齢も血液型も聞かへんと分からへん無知やのに…
自分でも少し怖かった…
恋愛なんてしてこうへんかったからどうしたらええのか分からへんかった
告白するかしないかとか色々…
正直、、俺モテとったで?
告白やって数え切れへんくらいされとるし、やけど好きな子にされへんとなんにも感じひんねんな
あなたは俺に告白されてなにか感じるんやろうか?
あなたは俺の事どう思ってるんやろ?
あなたは他に好きな人がおるんやろか?
あなたは俺の事推しとしてしかみてへんやろか?
毎日色々沢山考えた。
それが無駄やったんかもしれん。
もっと早く俺があなたに告白とったら彼氏になれてたかもしれへんのに。
後悔しかなった。
でも、その反面、、、、少しわかっていた。あなたが恭平の事好きってこと恭平があなたの事好きってこと。
2人が両想いだってこと。
2人は両想いだから付き合った。
だからそれにどうこう言うつもりもない。
何を言っても現実は変わらへんのやから2人を応援しようと思う。
でも、もし恭平があなたを傷つけたら許さへん。
今は恭平の仲間として同期としてあなたの友達として2人を応援する。
ーーーーーーーーーーキリトリーーーーーーーーーー
復旧したみたいなんですけど、戻ってなかったので書き直しました。内容が変わってしまっているのはご了承ください!!
新作です!!!良かったら見てください!!