第41話

君と花
20
2023/03/20 13:41

















ユウスケ
ユウスケ
___お客さん?
響
…誰のこと言っ…て
麗鳳
麗鳳
え、…っ?
桜
…ぇあ、あれえ?
桜
ど、どーやって…此処、来たの…?
桜
フリアちゃん…

















フリア
フリア
……「みんな、久しぶり」
















遥羽
遥羽
……。
___分かってる。

俺らが見間違える訳無い。
香織
香織
あ、っちょっと、遥羽…!







遥羽
遥羽
___「なぁフリア」
遥羽
遥羽
「俺らさ、フリアと話したいことがあんだよ」
遥羽
遥羽
「でも、その前に」
ぽん、と手紙をフリアの手に乗せる。
遥羽
遥羽
「これ、もらっといてくれ」
フリア
フリア
…「手紙?」
遥羽
遥羽
「ああ。帰る時読んでくれよ」
フリア
フリア
……「うん」
桜
…ず……
桜
ずるいよぉ!サクラも〜!!
麗鳳
麗鳳
ぼっ僕も!!混ぜて混ぜて〜!!
ユウスケ
ユウスケ
…(元気だな…)




タオイ
タオイ
……
ラスタルク
ラスタルク
………えっ
ラスタルク
ラスタルク
えっちょっとぉ…
これ…どう言うこと?
桜
はっ……フリアちゃんが…二人!
麗鳳
麗鳳
違う…もう一人居るぞ!!三人だ!!
桜
なんだってー!?
タオイ
タオイ
「ああ、驚かせて悪かったな」
麗鳳
麗鳳
遅いよ!!




響
…ふ。あっち、煩いね
チア
チア
…えへへ、でも…たの…しそう
響
…うん。ほんとに。




香織
香織
___それで
香織
香織
「どう言うこと?」
タオイ
タオイ
…「まぁ普通に説明しても分からないだろうから、」
タオイ
タオイ
「出来るだけ簡単に。」
ユウスケ
ユウスケ
……
タオイ
タオイ
……「俺達は少しの間だけ、ここに居られる」
タオイ
タオイ
「長い間は無理だ。もって3時間。」
桜
「ちょっと…短いね」
タオイ
タオイ
「そうかもな。」
タオイ
タオイ
…「でも」
タオイ
タオイ
「この3時間が、お前らにとって有意義だと思った」
タオイ
タオイ
「最後の別れを言う機会。俺はきちんとあげた。」
タオイ
タオイ
「あとは、お前ら次第だ」




香織
香織
「あのね、私達、手紙を書いたの」
香織
香織
「それぞれ、三人に。」
香織
香織
「3時間たった後でも、読めるかな」
タオイ
タオイ
…「手紙くらいなら。」
香織
香織
…よかった
桜
ふふ、お手紙、喜んでくれるかな
麗鳳
麗鳳
大丈夫、僕らなりの別れだったんだし
桜
うん、そうだね!
タオイ
タオイ
「まあ、特別することを持ってきた訳じゃないんだ」
タオイ
タオイ
「俺はただ時間を作っただけ。」
タオイ
タオイ
「これからは、…そうだな」
「話したい相手のところに行って思うままに話してくれ。」
響
「分かった、そうする」







遥羽
遥羽
「なぁ、一つ聞きたいんだけど」
遥羽
遥羽
「タオイはさ、神様か何かだった?」
タオイ
タオイ
………「そう」…「だな」
タオイ
タオイ
「俺はあそこでは、なんでも出来たも同然だったし」
遥羽
遥羽
「そ。答えてくれてありがと」
タオイ
タオイ
…「遥羽にとって、トワラースってどんな場所だった?」
遥羽
遥羽
………んー
遥羽
遥羽
そうだなぁ…
遥羽
遥羽
…「一番落ち着けて、あの時の俺にとっては、最高の逃げ場だったよ。」
タオイ
タオイ
…「そうか」
タオイ
タオイ
「それなら、良かった」




プリ小説オーディオドラマ