無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

キーンコーンカーンコーン
先生が来た。
授業と授業の間に派手なことはできないから
あとは昼休みと学校から家までの道を耐えるだけ
頑張ろう
先生
はーいじゃあこれわかる人ー
女子軍団
せんせーい
先生
ん、なんだ。お前わかるのか
女子軍団
いや七海がわかるってよー
いや言ってないから
幸い頭はいい。
大体の問題はわかる
いじめられてるから帰宅部だし
時間あるから勉強するしかないんだよね
成瀬 七海
67だと思います。
先生
おお!正解!
教室がざわつく。
あいつらは悔しそうな顔をしている。
何回も答えてんのに懲りずにやってくるからじゃん
そんなことをやっている内に昼休み。
みんながご飯を食べ始める。