無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

成瀬 七海
ただいまー
って…
家には私1人なんだけどね
お父さんは私が小さい時にガンで死んじゃって
年の離れたお兄ちゃんは都会に行った。
だからお母さんは…
アル中になった。ストレス性の。
今は月2でお兄ちゃんがお金を渡しにここに来るだけ。
実質ほぼほぼ一人暮らし。
成瀬 七海
ふぅ…
成瀬 七海
勉強しよ。
勉強してれば嫌なことも全部忘れられる。
だから勉強が好き。
___________________________________
成瀬 七海
ああ。疲れた。
もうこんな時間か。
気分転換に外行くか。
あ、マック行こ。
とりあえず夕ご飯はここで食べよ。
成瀬 七海
チーチーダブルのセットと三角チョコパイのキャラメルを1つずつ。
はぁ。
成瀬 七海
いただきます、
うま。
え、なにこれ現実?←
え、異世界じゃないよね←




成瀬 七海
ごちそうさま。
シェイクだけ買って帰るか。
成瀬 七海
シェイクバニラ味1つ
帰ろ。
よし。勉強しよ。
シェイク飲みながら
勉強しまくった。
その日は勉強しまくって寝た。
おやすみなさい。
「その日は」っていうか大体こんな感じ。いっつも。
マクドはあんま行かないけどね。
普段はずっと家か図書館。
気分転換といえば散歩。
そんな感じ。